2017年

3月

31日

2毎日新聞社「学びのフェス」

昨日に引き続いて、毎日新聞社主催の「学びのフェス」について記載させて頂きます。今回で3年目なのですが、スペースの一角を毎日新聞社より作って頂き、青いシートを引いて、そこで御客様に座って待機して頂いた状態で、エコマジックショーを行いました。昨年は、青いシート無しでイスを10台ほど、設置させて頂き、残りの人は立ち見というスタイルだったのですが、後方の御客様が、どうしてもマジックを見づらい状態になる、後ろのスペースが混雑する、30分立ちっ放しは、観ている御客様にとっても負担が大きい。など様々な理由で、青いシートを使用させて頂く事になりました。web抽選限定20名という事で、希望者全員が観る事は出来ませんでしたが、来て頂いた方へのスムーズな運営と、御客様満足度を考慮して、このようなやり方を実施致しました。色々な課題も出てきましたが、今後に向けて機会があれば、より良い物にしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

30日

毎日新聞社「学びのフェス」

毎日新聞社主催の「学びのフェス」にエコマジックショー及びマジック教室の仕事に行ってきました。マジックショーだけではなく、一般の方が身近に出来るもので、簡単にすぐ出来るものを教えて欲しいというリクエストも頂き、お引き受けさせて頂きました。30分エコマジック2回+マジック教室20分~30分という御時間を頂き、一人では大変なので、アマチュアマジシャンで趣味で、ずっとマジックを続けていらっしゃる70歳前後の男女2人に、マジック教室を担当して頂きました。非常に好評でした。私目はマジックショーに専念させて頂きました。春休みと言う事で、web抽選20名と少数に絞って、御客様満足度を高める方式を取らせて頂きました。どうしてもキャパシティの問題があり、様々な環境系企業が出展してブースを出しているので、スムーズな運営上、参加人数を限定させて頂いております。ハードでしたが無事に終了しました。スタッフ、関係者の皆様お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

29日

CO2クイズ

エコマジックショー出演に際して、必ずCO2に関わるクイズを出しています。今回も何か新しいものを出そうと計画中です。あまり難しい問題過ぎると、複雑になって面白さがなくなってしまうので、分かり易く勉強になる。覚えておくと豆知識の一つとして役に立つ。そのようなクイズを考えております。そこでこのような問題を考えました。

〇空気中のCO2は約4%存在する?〇か×か?

 

正解は×です。正しい答えは0.04%です。 現在の大気には、窒素約78%、酸素約21%、アルゴン約1%、CO2約0.04% という構成になっています。

 

エコ検定ポケット問題集 技術評論社 より 抜粋

 

今後も新しクイズを考えて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

28日

新しいエコマジック

いよいよ毎日新聞社主催の「学びのフェス」が明日に迫ってきました。約30分のエコマジック+マジック教室という内容です。今回は新しいエコマジックを4つ程、一気に見せる予定です。試しに何人かに見せてみたところ、手応えを感じております。演目の御話の内容としては、

〇砂漠と森林に関しての演目、

                〇使用済み電子機器に関しての演目

                〇使い古しの日用品の演目

                〇ペットボトルリサイクルに関しての演目

 

を予定しております。私のつたない文章力ですと、魅力が伝わりませんが、上記に関しての

マジックを披露予定です。今回は抽選で、限定20名程の前でのエコマジック=マジック+環境エコの御話となります。詳細は追って記載致します。(画像はイメージ。本文の内容とは関係ございません)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

27日

学びのフェス

毎日新聞社とコラボさせて頂き、「学びのフェス」というイベントに出演予定です。このイベントは、毎日新聞社が主催して、日本全国の環境に関わる企業がブースを出展して、主に小学生前後の子供を対象にして、環境やサイエンスなど、主に教育的要素を含めて、楽しんで親近感を持ってもらう。という趣旨の元、3年前から年2回のペースで行っております。私目は立ち上げ当初から出演させて頂き3年が経過しました。ブースでは、私も「エコマジシャン・ミヤモ」と言うコーナーを設けて頂いており、web抽選で、限定20名の子供に向けてのエコマジック及びマジック教室を実施致します。今回は新しい演目を、いくつか披露する予定でおります。詳細は後日に記載致します。

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

26日

食肉偽装

テレビのニュース番組の中で、食品偽装の映像がありました。最近になって発覚した、ブラジルでの食肉偽装の実態が、取り上げられていました。(画像は食品全体のイメージ)。古くなった腐った牛肉を集めて、ある薬品を振りかける事によって、赤みが増して、あたかも新鮮なお肉に見違えるように変化していく様子が映し出されていました。ぱっと見ただけですと、素人には、腐った肉を加工したものか、新鮮なものかを判断する事はとても

出来ない状況です。ブラジルの食肉業者が検査官に賄賂を渡す事によって、組織ぐるみで不正が行われていました。日本でも、ブラジルから食肉の7割近くが輸入されているという現実があります。食肉に限った話ではないですが、加工食品全体に対する問題は、世界的な課題の一つです。良い対応を検討して頂きたいと願います。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

25日

砂漠と森林

地球上での広がる砂漠化と森林の減少に関して、何かマジックで上手く表現する事は出来ないだろうか?と、この1~2年ずっと考えておりました。そんな中で、一つアイデアが浮かびました。そこで色々な方に御協力を頂き、イラストレーターで、マジックにも詳しく、特殊な道具も製作できる方を御紹介頂き、ネタを製作して頂きました。昨日そのネタを頂き、出来栄えに手ごたえを感じました。ただし、ここから、しっかりと自分の身体に染み込むまで、御客様に確実にウケるようにするには時間が掛かりますが。まずは、モノが無ければいけません。更にここから環境の専門家の意見やアイデアも頂き、より良いエコマジックに仕上げて行きます。非常に一つ一つが時間と労力を要しますが、少しずつマジックが出来上がって行きます。

(画像はイメージ)

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

24日

北極と南極の氷

北極と南極の海氷の面積が今年、1年のこの時期としては38年間の観測史上、最も最少を更新した事が分かった。米政府が22日発表した。NASAが協力している米国立雪氷データセンターのデータによれば、南極の海氷面積も今月3日、南半球の夏季の終わりとしては観測史上最も小さくなった。世界平均気温は昨年まで3年連続で観測史上最高を更新。地球温暖化の加速に対する懸念が改めて浮上し、温室効果ガスを大気中に排出する化石燃料の燃焼を抑制する必要性が指摘されている。

 

AFP時事通信 3月23日 配信 より

 

今後、世界各国の連携が益々、必要な時期に来ております。良い方向に向かう事を期待したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

23日

ブラジル産鶏肉

ブラジルの食肉加工会社が、衛生基準を満たさない食肉などを国内外に販売していた疑惑をめぐり、日本政府は21日、捜査対象になっている21施設から出荷された鶏肉などの輸入を、一時停止すると発表した。(画像は食品全体のイメージ)。「別途通知があるまでは、輸入手続きを保留する」としており、輸入再開時期は未定。ブラジル政府は20日、21施設から輸出を停止していたが、この内1社1施設が日本向けに鶏肉を輸出していた。日本が輸入する鶏肉の8割はブラジル産が占めている。輸入の停止措置は、すでに中国や欧州連合(EU)、チリ、メキシコ、スイスなどが発表しており、さらに広がる可能性がある。

 

出典 時事通信3月22日(水) 配信 より抜粋

 

食品に関する不祥事は、日本でも時々、話題にされますが、これは世界的な課題の一つなのだと認識させられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

22日

2マイクロプラスチック

昨日のマイクロプラスチックの環境問題の話の続きとなりますが、世界の海に漂うマイクロプラスチックの総量は27万トンにのぼると言われております。太平洋にゴミベルトが存在すると言われるなど、世界の海に浮かぶゴミの量には場所による違いがあります。北太平洋、南太平洋、北大西洋、南大西洋、そしてインド洋です。外洋にゴミが

溜まる原因として、大きな渦のように流れる海流の真ん中は、流れと風が弱くものが溜まりやすいため。これらの海域は、Gyre(渦流)と呼ばれており、プランクトンも高密度にみられるためです。またユーラシア大陸の南側に、プラスチックが高密度で浮いているところが広がっています。日本周辺を含むアジアの沿岸、あるいは地中海や黒海沿岸ですが、これらの地域は人口密度が高く、人間活動の影響を強く受けていると考えられます。対策としては、リデュース(Reduce)で、プラスチックを含めて使用量と廃棄物を削減する事が何と言っても大事だと思います。

 

出典 「環境イノベーション情報機構EIC エコチャレンジャー

   大塚柳太郎 高田秀重 両氏 との会談より」 抜粋

 

アメリカ先住民の言葉に、「我々(人)は子孫から大地を借りて生きている」という言葉があります。我々は、子孫から地球という惑星を借りて生きている。返す時、あるいは、受け渡す時は綺麗な状態で返そう!という意味が込められています。この表現も上記で盛り込まれていました。非常に重い言葉ですが、その通りだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

21日

マイクロプラスチック

ここ数年、化学物質による環境汚染の中で、マイクロプラスチックによる海洋汚染の研究が盛んに行われるようになってきました。ペットボトルゴミやレジ袋、お弁当の食器や容器などが、海洋に溶けだして、どんどん小さくなり5mm以下の微小のものをマイクロプラスチックと総称して呼んでおります。環境にとって有害な化学物質も含まれており、世界中での共通課題の一つになっております。よく、海水浴客が捨てたゴミが原因と思われているようですが、そうではないとの事。不法投棄されたものも中にはありますが、大半は海から離れたところで捨てられたもので、雨が降り洗い流されて水路に入り、川に入り、最後に海に到着する。街の中でポイ捨てされたもの、不注意で風に飛ばされたもの、ゴミの容器から溢れたものなどが多いのです。このマイクロプラスチックは、魚や貝が取り込むことになり、周辺の生態系や魚を食する人間にも影響が出て来るとの事。

 

出典 「環境イノベーション情報機構=EIC エコチャレンジャー

   大塚理事長と高田秀重 両氏 による会談」 より抜粋

 

今後の展開を注意深く見守って行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

20日

科学実験

知人の誕生日会に出席してきました。以前、アシスタントで御一緒した事もある、テレビでも活躍中の五十嵐美樹さんという、元ミス理系の科学理系女子の方です。

科学を世に広めたい! 理系女子の活躍の場を広げたい!という心意気の元、御活躍されています。30名程カフェの一室に集まって、サイエンスマジックを披露して下さいました。CO2の原理を用いて風船を膨らませたり、小さいローソク10本ほど並べて、CO2の力で、次々に2m程飛ばして見せたりなど、科学の原理を使っての面白いパフォーマンスを披露して下さいました。彼女のキャラクターの良さもあって、おおいに盛り上がりました。他にもダンサーの方やエンジニアの方など、普段御会い出来ない人達に会えて、大変刺激になりました。今後の益々の御活躍に期待です。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

19日

水と共に生きるオランダ

環境省が作成した「水と共に生きるオランダ」という映画を観ました。世界中で気候変動の脅威が叫ばれております。その中でもオランダは海抜が低いために、水害が起こりやすい地域です。国土の20%は貯水池という状況です。当初は堤防を高くしたりなど、水害を防ぐという観点に重点が置かれておりました。しかし考え方を変更して、オランダは水と共に生きる。という考え方の元、「川のための空間」という、堤防では防ぎきれない事態を考慮して、堤防や川の周辺を何も建築物やインフラのない状態にして、少し川が氾濫しても避難などせずに済むやり方を取り入れました。成果を上げているようでした。また、フローティングパビリオンという、気候変動の適応策の一つで、川に住居やホテルを浮かばせて、そこに人が住む、宿泊するという新しい発想の建築技術が紹介されていました。揺れはほとんど感じないように、陸と橋、水上住居が固定されていました。オランダならではの斬新な発想でした。日本にそっくり当てはまるわけでは無いですが、各国の気候変動対策の方法として勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

18日

lalaland

周りの友人・知人から強く薦められて、話題の上映中の映画「lalaland」を観に行ってきました。単なるミュージカル映画だろうと、あまり期待していなかったのですが、冒頭の迫力あるミュージカル・ダンスシーンから圧倒されて、グイグイとストーリーに引き込まれて、あっという間の2時間でした。夢を追い求める主人公の男女の葛藤や、自分の本当にやりたい事と、商業ベースでヒットする音楽とのギャップに悩んだりと、非常にせつないラストなど、この映画を映画館で観る事が出来て非常に良かったです! サウンドトラックも非常に印象的で、映画上映後、衝動買いをしてしまいました。「夢を追いかけている人」「夢をかなえたい人」「夢を持ちたい人」「夢によって何かを失った人」夢を一度でも観た人は是非、見た方が良い。という評論家の意見にも賛成です。

最近、観た映画の中でも特に強烈な印象を与えてくれました。また観たくなりました。私自身、環境エコマジックショーで、小中高大学生を相手に、夢や将来への希望を抱かせるようなものも盛り込んで欲しい。と言われることもあるので、今後も頑張って行きたいと思います。まだ見ていない人にもお薦めです(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

17日

環境映画

エコサロンに参加して、30分程、環境映画を鑑賞してきました。内容は、イギリスのロンドンオリンピック前から、その後の環境への取り組みを紹介したものでした。オリンピック期間中に、様々な競技施設やスタジアム、その際の食事容器やゴミ問題などを、いかに減らして、資源を有効活用するか。と言うテーマの元、その取組を紹介していました。スタジアムを持続可能な形で、次世代に、地域住民の方に還元していくという方式で、新規に作ったスタジアムは、新しいサッカーチームのホームグラウンドとして、橋など大きめに製造して、オリンピック終了後は解体して、一部を高速道路の補修素材にしていました。食関係では、ゴミ箱を色別に分けて、同時にお皿や容器にも色分けされて、使用済みの物は色ごとに分けられて分別がスムーズに行われたという事例が紹介されていました。オリンピック終了後も工事は続いていました。しかしながら東京オリンピックに向けて、日本がイギリスと同じように出来るかと言ううと現実的には課題が多いと、出席者の方から現実的な意見も出ました。参考になる映画でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

16日

エコサロン

1~2か月毎に行っている、「エコサロン」というエコ検定合格者が主に集まる勉強会に参加してきました。私目も数年前から、毎回ではないのですが、ちょくちょく参加させて頂き勉強して帰って行きます。ここに集まるのは、企業環境部、CSR部、サスティナブル研究所と言った部署に所属している方々、NPO,NGOで環境活動されている方、市役所・行政・自治体等の公的機関で環境に携わっている方々など、多岐に渡ります。さすがにプロマジシャンは私だけですが。(苦笑い)  多くの方々が環境と言うテーマで悩み、活動を頑張っておられます。今回は30分程、気候変動に関する上映会を視聴した後、意見交換会を実施致しました。皆、環境に精通している方々ばかりなので、貴重な御意見・主張を伺う事が出来ました。中小企業と大企業のCSRの取組の温度差や、大企業の規模の大きさによる、社員へのCSRの浸透度を高める方法、など、それぞれの立場の課題が上がりました。大変勉強になりました。上映会の内容は次回記載したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

15日

しくじり先生

最近テレビで人気の、しくじり先生を見ました。元ラーメン王と言われた「なんでんかんでんフーズ」の社長が出てきて、とんこつラーメン店を大ヒットさせてから転落までを語っていました。私はマジシャンなので、あまりにも業界が違いますが、大変教訓になる部分がいくつかありました。番組内で紹介された、社長自身の言葉をいくつか述べてみたいと思います。

〇得意分野以外に安易に手を出すとしくじる。

〇店にいないで、従業員任せにするとしくじる。時々自分も現場に顔を出す。

〇本気で反省していないから同じ失敗をする。

〇成功体験を捨てる事が出来ないと失敗する。

 

実体験をされた方が言うと説得力が増します。上記を聞くと、業界や仕事内容に関わらず、なるほどと感心させられます。人生の浮き沈みが語られており、勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

14日

砂漠と森林資源のマジック

地球上の砂漠化が進行中です。アジア・アフリカ・南米・オーストラリアを中心に砂漠化が現在進行中です。1994年の「国連砂漠化対処条約UNCCD]では、「乾燥、半乾燥、乾燥半湿潤地域におけるさまざまな要素(気候変動および人間の活動を含む)に起因する土地荒廃」と定義しています。

土壌劣化の原因は、人口増加を背景とした機械化や化学肥料に過度に依存するなど持続可能でない農業(収穫と収穫の間に土地を休ませない過剰耕作、排水不足灌漑による土地の塩害など)によって、浸食や砂漠化が進む事が挙げられます。砂漠化の影響を受ける乾燥地域は、地表面積の41、3%を占め、世界人口の約35%(20億人)の人々が暮らしています。

 

「東京商工会議所 エコ検定公式テキスト第5版より」抜粋

 

現在、砂漠と森林資源を結び付けたエコマジックを考案中です。砂漠化や森林資源に関する知識、データ、背景もストーリーの一部に取り入れるため、情報収集を続けております。完成したら、追って御報告させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

13日

4徳島出張

四国徳島県での環境エコマジックショーを行ってきましたが、今回初めての試みがありました。ステージ横に燃料電池車が置かれていたのですが、その中から登場して欲しい。という主催者側からリクエストを頂き、登場させて頂きました。普段、ステージ横に設置されている事はないのですが、今回は状況が特殊だったので、この機会を逃すのはもったいない!と思い快諾しました。私の出番前に、表彰式等があり、10分間の休憩時間がありました。この間に、燃料電池車の後部座席にかがんで隠れて、約10分程待機しておりました。ショー冒頭では、会場全体を暗くして頂き、オイルカードが、自然エネルギーの風車のカードに変化するマジックを、スクリーンで映して頂きました。その後、会場全体を明るくして頂き、私が燃料電池車の中から登場しました。盛り上がって頂く事が出来ました。新しい試みでしたが、会場や現場の様子に合わせて、今後も利用出来る演出は取り入れて行こうと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

12日

3徳島県出張

徳島県環境エコマジックショーのステージの様子です。今回は、約100名程の御客様がお見えになり、中学生の環境エコ活動に関する表彰式の後に、60分御時間を頂いてのマジック+地球の御話の講演と言う形式を取らせて頂きました。御客様の客層は中学生が約10名程いらっしゃり、それ以外の方は、地元の企業関係者や環境の団体トップの方であったりなど、元々、環境意識の高い専門家の方にも多くお越し頂きました。参加者の方から講演終了後、「複雑で難解になりがちな環境問題ですが、マジック付で、分かり易く楽しく面白かった」と言って頂く事が出来ました。今後に向けても非常に自信になります。30分エコマジックを行い、残り30分は環境に関わるゲームやクイズ、御自宅に帰って、誰にでも楽しめる科学マジックのレクチャーなど、バラエティーに富んだ内容を心掛けました。スタッフの皆様、講演を見に来て頂いた皆様、ありがとうございました(^0^)!!

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

11日

2徳島県出張

徳島県の「グランヴィリオホテル」に到着しました。今回は次の日に、このホテルの会場にて、環境エコマジックショーを行います。夜に食事をホテル内で取りました。レストランからの眺めが良かったです。水に浮かぶヨットや船を眺めながら食事を楽しむという事は、東京にいると、滅多に味わう事は出来ません。旅ならではの楽しみの一つです。徳島県の飛行場の名前が「阿波踊り空港」というネーミングになっており、ユニークでお祭りや明るさなど、ポジティブな印象を受けました。食事を堪能出来たので、これから、会場に向かって、リハーサルを行い、60分の環境エコマジックショーを実施します。ショーの様子は次回に記載したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

10日

徳島県出張

徳島県に出張に行ってきます!(画像はイメージ、ブランド名等は、本文章の内容とは一切関係ありません)。何回か四国は行ったことがあるのですが、今回の環境エコマジックショーは、ホテル内で場所をお借りしての、エコマジック+地球環境講義講演60分という内容です。通常は市役所・行政の市民ホールや会議室・展示場や時々、劇場などで、エコマジックを行いますが、ホテルで行うのは、私にとっても非常に珍しいパターンになります。主に子供をメインとしたファミリー層向けの客層となります。だいぶ以前から御話を頂いており、幸い天候にも恵まれそうですので頑張ってきます!

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

08日

サスティナブル国際会議

来月の半ばに、CSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)検定があります。この資格を取るために現在、直前の猛勉強中です! 学生時代以上に勉強に励んでおります(笑)。この資格は、企業の環境、環境経営、コンプライアンス、多様性、国連と人権など企業経営を行っていく上で、欠かすことの出来ない要素を盛り込んだ検定試験です。児童労働、障害者雇用、ワーク&バランス、松下幸之助、渋沢栄一など起業家・経営者の思想、労働に関する法律・条令など多岐に渡り難しいです。近年の企業不祥事やモラル違反、環境の悪化、消費者の厳しい視点など、企業としての在り方が問われる時代、企業としてCSRに対して、どう対応するかと言う必要性が出てきました。そこで10年程前から資格としてスタートしました。私自身は取引先からの「是非、取った方が良い」という強い要請と、私自身、最近ビジネスマン研修向け「エコマジック」の仕事も承るようになってきており、知識習得の必要に迫られました。受験料も支払ったので、来月受験致します。この資格を主催している株式会社オルタナ様からの御紹介で、東京ミッドタウンで、世界の企業経営のCSRに関わる方々が一堂に集まる国際会議への御案内を頂きました。本日参加予定です。この模様は後日記載致します!

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

07日

確定申告

確定申告の時期になりました。年々ありがたいことに御取引先が増えてきており、忙しい日々を送らせてもらっております。ここ何日かは、書類整理に追われておりました。先輩や経理に詳しい方に御話を伺うと、人によってですが、毎日、帳簿付けを行えば、そんなに負担が来るわけではないですよ。と言うアドバイスを以前頂いたことがあります。一日15分以内で良いので、帳簿付けの時間を習慣化すると良い。とも言われました。これを1週間に一回まとめて行う。あるいは1か月に一度まとめて行う。という方法を用いると1日潰れてしまいますよ。時間を有効に使ってください。という御指摘を頂いたことがあります。今でもなるほど。と思い返します。なるべく、そのように行動しているように心掛けているのですが、仕事が立て込んだ時など後手になりがちです。確定申告の時期になると、いつも上記アドバイスが頭をよぎります。何はともあれ、もうすぐ集計が終了します。日頃の小さな積み重ねが大切ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

06日

午前中のテーブルマジック

午前中のテーブルマジックの仕事という、珍しい現場に行ってきました。御客様がシルバー層という事で、約15名程、全員60歳以上でした。午前中での時間帯を希望されてマジックを演じてきました。埼玉県狭山市で演じてきました。コイン・トランプ・ブックテストという本を用いての演目を披露してきました。最近、環境エコマジックショーの出演依頼が増加傾向にあり、私自身、すっかり朝方の生活に切り替わりました。数年前までは、深夜に仕事があるマジックバーなどに頻繁に入っていたのですが、今では入る回数が減って、午前中と昼間の現場が増えてきております。朝早く起きる生活にも慣れてきました。どうしても重たい機材等を運ぶ関係上、朝7時~8時台の列車を避けなければいけない事情があり、朝4時か5時に起きて出発する必要があります。ですので、だいぶ午前中に行うマジックショーも慣れました。他のマジシャンの方ですと、大抵、夜型の生活をしている方が多いので驚かれますが(苦笑い)。朝方の生活リズムを今後も守って行こうと思います!

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

05日

忍者の解説

朝日新聞に、子供でも分かり易いように、忍者の解説がされていました。私自身、月に数回程、忍者の格好をして、レストランで忍術(マジック)を披露しております。そのため、忍者の記事があると目にとめる習慣があります。専門書も時々読みますが、子供や小学生に、忍者の当時の様子を伝えるのは、簡単なようで、案外難しいです。そこでドラエモン

の記事を、一部引用いたします。黒装束に身を包んで、手裏剣や不思議な術で相手を倒す、そのような姿をイメージしがちですが、実際はだいぶ違ったようです。一番の仕事は情報を集めて主君に伝える事だった。情報を持ち帰るために出来るだけ戦いは避け、生き延びる事が大切でした。そのために身に付けたのが、武術や侵入術、変装術などの忍術だった。医学や天文学、薬学、気象など幅広い知識を得ていた。持ち歩いていた兵糧丸は、必要なカロリーを取れて体調も整える機能性食品だった。忍者たちは自然を生かし、当時の最先端の知識や技術を駆使して生き抜いた。忍者の知恵を現代に役立てようと、三重大学は研究を進めている。

 

朝日新聞 3月15日 より 一部引用

 

すごく分かり易く記載されているので、小学生に、「忍者ってどういう人だったのですか?」と聞かれた場合は、上記のように話そうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

04日

海藻サラダ

高校生が発案した、ユニークな取り組みを御紹介いたします。総菜大手のロック・フィールド(神戸東灘区)は、2日、松陰高校(同市灘区)の生徒らが企画した海藻サラダを発売した。阪急岡本駅前の総菜店「RFI岡本店」だけの限定販売で、販売は3日まで。今後定番メニュー化も検討するという。同校で環境活動の一環としてサンゴ礁保護のための街頭活動などをしている3年生16人が昨秋に発案、海藻はCO2を吸収するため、人気が出て養殖などが増えれば、地球温暖化の抑制にもつながるとしている。生徒らは「サンゴの白化の要因とされる海水温の上昇も防げる」として、ロック・フィールドに協力を依頼。開発担当者らと会議を重ねて、同社が国産の海藻を用いて本格メニューに仕上げた。

 

神戸新聞NEXT 3月2日 配信 より 抜粋

 

非常にユニークな試みで、是非今後も継続して行って欲しいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

03日

太陽光発電の映画館

非常にユニークな環境ニュースが飛び込んで来ました。アフリカのブルキナファソの首都ワガドゥグで、先月24日アフリカ最大の映画祭「汎アフリカ映画祭」の開幕に先立ち、太陽光発電を利用した映画館がお披露目された。ワガドゥクの高級地区オウアガ2000にオープンした映画館「カナル・

オリンピア・イエネンガ」座席数300席で、使用される電力は太陽光発電で賄われている。建設費約3億6000万円でワガドゥクでは3番目の大きさだ。この映画館を企画したのは、フランスの有料放送カナル・プリュスの親会社の会長で実業家のバンサン・ボロレ氏。ブルキナファソのロシュ・カボレ大統領は「これからも、この水準の映画館を維持していく事を固く決意している」と述べた。

 

出典 AFP時事通信 3月2日 配信より 抜粋

 

太陽光発電をエネルギー源とした映画館が、今後、日本でも普及していくかもしれませんね。今後の展開に期待して行きたいです。

                           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

02日

NHK初出演

昨日、現在、活動中の「エコマジシャン・ミヤモ」が、NHKテレビ初出演を果たしました。番組名は、「lets天才てれび君」18時20分~18時45分 日本全国の小中学生、教育機関向け番組内にて、楽しくリサイクルというコーナーの中で、リサイクルを楽しく行っている人の中に選ばれて、約3~4分程ですが、エコマジックを芸能人と子供達の前で、披露させて頂きました! 以前に日本テレビ「すっきり」にて、通常のマジシャンを紹介するコーナーに出演させて頂いたのですが、今回は、マジック番組ではなく、NHKの社会番組に出演させて頂く事が出来ました。マジックを通した環境教育=エコマジック、エコマジシャンとしてNHKに紹介して頂き、大変光栄です!新たなスタートとして、これからも、一般市民、子供・学生・ビジネスマンに向けて、マジックの出来る環境エコ講師として頑張って行きたいと思います! NHKを見て頂いた環境関係者、教育機関関係者、マジック関係者の皆様、一般市民の皆様どうもありがとうございました(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

01日

英語教育

教育機関では、10年に一度、学習指導要領が改訂されます。今回、英語に関しての改定がなされました。歌やゲームなどを通じた英語に親しむという時間を、従来は小学校5年生から始めていたものを、小学校3年生から取り入れる事となりました。小5からは、読む・書くと言った「外国語」として、年間70時間を費やすそうです。小学校でも導入されるプログラミング教育については、算数(正多角形の作図)、理科(電気などのエネルギーの学習)、総合学習のいずれか、または複数の中で学ぶとしています。

 

出典 朝日小学生新聞3月1日より 抜粋

 

時代の流れに応じて、教育の方法の変化を感じますね。

 

御知らせ 「エコマジシャン・ミヤモ」が、NHKテレビ初出演します!!

     地上波全国ネット 3月1日 NHKEテレ

     「lets天才てれび君」18時20分~18時45分

     日本全国の小中学生、教育機関向け番組内にて、

     エコマジック披露します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント