2016年

4月

01日

毎日メディアカフェ協賛企業

科学技術館で行われた、毎日新聞社が主催する「学びのフェス」というイベントですが、多数の企業が参加されました。私は個人参加という事でしたが、環境エコロジー関連の団体、企業の方が多数集まりました。仕事終了後に、関係者が一堂に集まっての懇親会が開かれました。私の前には、

「大地を守る会」の会員の方がいらっしゃり、普段御話出来ないことや、自然食を摂る大切さを力説されて、関心を持ちました。大地から採れる、目に見える形の野菜や果物は、栄養価が高く健康にも地球環境にも良いとの事。なるほど、その通りだと納得できました。その他にも様々な企業の方と御話する機会に恵まれました。約半年に1度の割合で行われるイベントです。昨年から2度続けて出演させてもらって、今回が3度目でした。

また、別の機会で出演する予定であれば告知致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

31日

2毎日新聞社イベント

子供をステージにあげて、エコマジックの御手伝いをしてもらいました。対象が小学生という事もあって、なるべく複雑な解説を避けて、マジックを見せる時間を長くしてショー形式で行ってきました。途中で環境〇×クイズも出題して、環境エコロジーについても勉強する事が出来ます! お手伝いをしてくれたお子様には、御土産を渡すようにしております。今回はラムネを手渡ししてきました。必ず私は、一言、「御土産でお菓子をあげるけど、食べ過ぎないようにして、家で、しっかりと自然の野菜やお肉などバランス良く食べて下さいね」と付け加えるようにしております。どうしても子供は、注意しないと、お菓子や菓子パン、インスタント食品ばかりに目が行ってしまいます。防腐剤、防カビ剤、食品添加物、発色剤、人工甘味料など、幼少期から食べ過ぎるのは、健康への影響が懸念されます。栄養が偏らず食べ過ぎに注意していきたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

30日

毎日新聞社イベント

竹橋にある科学技術館にて、毎日新聞新聞社イベントの「学びのフェス」に出演してきました。地球と暮らしについて考える、エコマジシャン・ミヤモの「エコマジック」というコーナーを作成して頂き、親子ずれ限定20組の前で、パフォーマンスを披露させて頂きました。前回までは、竹橋

にある毎日新聞社ホールを使用していたのですが、今回からは、科学技術館をお借りしての大イベントになりました。出店企業が20社を超えて、一般の御客様が、これまでは数百名規模だったのが、一気に1000名を超える人数となり、大混雑しました。それぞれの企業や団体が、自社の環境に対する活動や、子供達への普及啓発のための授業を行いました。子供達は、あらかじめの事前予約が必要な講座もあり、様々な勉強をする事が出来ます。私の場合は、マジックを楽しみながらエコについて考えるという事で、エコロジーの考え方を、分かり易く楽しく伝えながら、マジックも楽しんで頂くという時間でした。御客様も喜んで頂けたようで何よりでした。スタッフの皆様お疲れ様でした(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

28日

毎日新聞社イベント

今年も、毎日新聞社が主催する「毎日メディアカフェ」というイベントへの出演が決定致しました。画像は、イメージをつかみやすいように昨年のものを使用させて頂きました。親子連れ限定20組という事で、約40分のマジック+エコロジー概論のトークという内容で、1日2回行われました。今回も演目を変更して、昨年とは一味違うエコマジックをお届けいたします。昨年とは場所が変更になります。昨年まで

は、現場会場が東西線の「竹橋駅」から歩いての毎日新聞社本社前だったのですが、今年から大盛況のため、すぐ近くの科学技術館をお借りしてのパフォーマンスとなります。「学びのフェス」というタイトルで、私だけでなく、環境エコロジーに対して力を入れている企業・団体が、自社商品や自社の環境活動、子供達への普及啓発を行っております。春休みと言う事もあって大混雑が予想されます。詳細は後日に記載致します!!

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

27日

2江の島レストラン

この江の島レストラン「イルキャンティ」ですが、毎回、マジシャンに対して食事を提供してくれます。ピザやパスタは本当に美味しく食べる事が出来ます。食事の後にドレッシングを購入する事が出来ます。もちろん数日以内に食べきる事が重要ですが。このレストランのドレッシングは、自分自身のお気に入りで、1週間近くは、サラダに掛けて、味を楽しむことが出来ます。その他の料理や食事に関しても、地産地消で、江の島近郊で採れた食材を用いての料理を振る舞って下さいます。地元で採れたものなので、新鮮で栄養価が高いものです。生産地から消費地までの輸送距離が長ければ長いほど、船・飛行機などの輸送機関を利用するため、燃料やCO2を排出するため、地球環境に負荷を掛けているというエコロジーの世界独特の考え方があります。夏に、このレストランで仕事を兼ねて食事するのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

26日

江の島イルキャンティ

3~4か月に一度ほど、江の島にあるイタリアンレストラン「イルキャンティ」にステージマジック2~3分とテーブルマジックの仕事に行ってきました。御一緒しているのは、秋元正さんというマジシャンの方です。時々、現場が御一緒致します。この日は、まず会場約70名~80名の前で、ステージマジックで有名な大きなリングをつないだり外したりするマジックを披露しました。その後、各テーブルを回って行き、目の前でトランプやコインのマジックを披露してきました。普段テレビでしか見る事の出来ないものを、目の前で体感できるという点で、喜ばれました。次回は7月末に、このレストランに出演予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

25日

食生活

ここ3~4年で、大幅に食生活が自分自身、変化しました。環境エコロジーの勉強を開始してから、食と健康について考えている方や、研究している団体、病気と健康などを食生活から考えている団体等と知り合う機会に恵まれて、感化されております。(笑)  数年前までの私は、食生活

がエコロジーと対極の状態にありました。

炭酸飲料、スナック菓子、菓子パン、インスタント食品、カップラーメン、コンビニ弁当などが、食生活のメインでした。これらの食品は、どうしても保存料や合成着色料、食品添加物が入ってきます。体調不良や体のだるさ、力が入らない、肌荒れ、便秘などの症状がありました。これらの食を人工的なものと考えています。そうではなく、目に見える形の野菜や果物、飲み物(自然なもの)。を積極的に摂っていく。仕事の都合などで、外食ばかりにならずに、休日は目に見える形の野菜を調理して食する。一週間、一か月単位で、トータル的なバランスで考えるようにしております。98歳まで生き延びた祖父が「人間と言うのは、自然の恵みに反して、人工的なものを食べるから病気になるんだ!」と言っていたのを思い出します。この言葉を特に、最近は実感するようになってきております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

24日

エコマジック動画と解説

環境省外郭団体である環境イノベーション情報機構(EIC)に、仕事の打ち合わせに行ってきました。浜松町にあります。エコマジックの動画に解説を加えていくという仕事なのですが、解説とマジックのハンドリングが合わない部分があり、実際に、私が声を吹き込んで行うという方式を取ります。マジックそのものの撮影は、無事に終了したのですが、解説文の表現をマジックに合わせて、なおかつ、環境の御話をするので、非常に難しいものがあります。環境の専門家や研究家・大学教授などの二重、三重のチェックが入り、不適切な表現は無いか? 最新の環境データと違う事を述べていないか?など神経を使う所です。細かい修正点を詰めて行き、今後、発表できる段階に来たら、追って告知させて頂きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

23日

読売新聞東日本版掲載

現在、活動中のエコマジシャン・ミヤモの特集記事が昨日から4日間続けて、掲載されます。読売新聞の東日本版の夕刊です。

丁度、北極の氷の減少率の記事のすぐ下に掲載されました。「しあわせ小箱」というタイトルです。2週間ほど前から、エコマジックの取材を受けて、エコマジックとは

何か?なぜエコロジーとマジックを組み合わせるようになったのか?6年前から企画・立案してからの、これまでの経緯が記載されております。御時間ございましたら御覧頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

21日

京都議定書~パリ協定

エコマジックショーの後に、実際に、一般市民の前で、京都議定書~パリ協定の流れ、その中での日本の置かれた状況、今後の展望などを御話させて頂きました。京都議定書という名前は、一度は聞いたことがある方が多いと思います。ですが、実際にどのような歴史があって、現状の日本の置かれている状況とはどのようなものか?

詳しく解説させて頂きました。分かり易く概要を説明しますと、各国の環境大臣や首脳クラスの方々が毎年、世界のどこかの都市に一堂に集まって、世界の気候変動に対してどのような行動を取ったら良いのか?問題点や改善点を話し合う、国際会議が開かれています。これを気候変動枠組条約締約国会議と言います。1995年から2015年まで、毎年開催されていて、21年連続で行われております。COP=(Conference of Parties)です。京都議定書はCOP3の京都で採択されました。

途中でアメリカが離脱します。日本も2016年現時点では離脱しており、京都議定書に参加していない状況です。この事実を述べると会場から驚きの声が上がります。しかし、2020年以降、先進国・発展途上国の分け目なく、全世界の国々が参加するパリ協定が採択されました。当然、日本も参加予定です。「温室効果ガス排出量を2030年までに13年比で26%削減」という目標を掲げております。

「日本経済新聞より抜粋」

今後の展開に注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

20日

荒川区エコイベント

荒川区の環境エコイベントに、マジックの出来るエコ講師として出演してきました。今回の御客様は、荒川区民で、なおかつ日頃、環境エコ問題に関心がある専門家・研究家・親子連れの方、限定30名まで。という条件付きでした。60分御時間を頂き、15分マジック、45分エコの講義と

いう内容でした。様々な、環境系の資格を取得しているので、概論を話すことが出来ます。マジックでは、石油・石炭・天然ガス等の化石燃料をイメージしたオイルカードが自然エネルギーカードに変化するという演目と、御客様のお借りした1万円札を燃やして復活させるマジックを披露しました。御客様には、この人はマジシャンだと印象付けられたようです。この後、講義に入り、まずは地球儀を持ちながら地球温暖化のメカニズムについて解説してきました。太陽からの赤外線エネルギーを地表が放射して、大気中の温暖化ガスが、その一部を吸収して、また地表に向けて再放射して、大気が温まる(温室効果)。CO2などの温室効果ガスの大気中濃度が上昇すると、温室効果がこれまでより強くなり、地表の温度が上昇する(地球温暖化)。「エコ検定公式テキスト第5版より抜粋」

この後に、京都議定書~パリ協定の流れと日本の現状、水素社会の歴史概論を解説してきました。この様子は後日に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

18日

燃料電池車VS電気自動車

燃料電池車と電気自動車は一体どちらが環境に良いのか?どちらが次の世界の主導権を握る自動車になるのか?このような議論を時々耳にします。2030年頃~2040年頃の世界がどのようになっているかは誰にも分かりません。ただ、少なくとも現時点では、しばらく化石燃料を動力源にした自動車、電機のパワーを用いた自動車、水素エネルギーを利用した燃料電池車の混合の状態が続いていくと個人的には思います。それぞれにメリット・デメリットがあります。2日前の日本経済新聞によると、現在、水素ステーションは日本国内に約80か所程なので、経済産業省が主導になっている「水素・燃料電池戦略協議会」は、2025年に、現在の約4倍の320か所に増やそう。という目標を発表しました。国や政府機関が働きかける事で、企業や社会は動いていく側面があるので、水素社会の発展に弾みがつきそうです。電気自動車、ガソリン車、燃料電池車、しばらくは共存の時代が続きそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

17日

3学士会館サロンマジック

学士会館でのサロンマジックの様子です。講演終了後の懇親会でも2から3ネタほど

頼まれました。完全に囲まれた状態での演技となりました。このようなケースに備えて、角度に強く、御客様をなるべく参加させるパフォーマンスを取り入れました。中々、マジックを生で体感出来る機会が、

普段は無いので、テレビで見かける芸能人のような感覚を味わって頂こうと心掛けております。至近距離で見るマジックは、ステージマジックとは一味違う面白さや感動を味わう事が出来ます。お酒も程よく入っている立食形式のパーティーでした。非常に皆様、喜んで頂けました。貴重な経験を積むことが出来ました(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

16日

学士会館マジックショー

学士会館でのマジックショーの御話をさせて頂きます。今回の御客様は約100名弱でした。そのほとんどが、企業を定年で終了されて、OBとして、様々な形で社会貢献されている方々ばかりです。例えばベンチャー企業の相談役として、役員になられたり、監査役としてポジションをまかされたりなど、サラリーマン時代の経験を大いに生かしながら、若い世代や社会を活気づけているポジションの方々と言う事が出来ます。そのような人達でも、中々、マジックを生で見る機会というのは、殆どない。とおっしゃられました。テレビで見るようなカードマジックやコインマジックを目の前で体感出来たのは、非常に良かった。と満足して頂くことが出来ました。私にとっても90分の講演の後に、更に別でマジックショーを披露する機会というのは、初めての経験だったので勉強になりました。学士会館でのステージも初めてでした。関係者の皆様ありがとうございました(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

15日

90分講演

学士会館にて、90分講演+30分ステージマジックショーという仕事を行ってきました。まずは、90分の講演について御話していこうと思います。今では100名~300名の前で、講義講演を行う事に慣れてきた感じがしますが、(もちろん改善点は多々ございますが)。3~4年前に、初めて講演の依頼が入った時は、本当に悩みました。90分をどのような構成で御話したら良いのか?どういう口調で話しかけたら良いのかなど悩みは尽きませんでした。そこで様々な講演会や勉強会等、色々なジャンルの先生の御話を聞いてみたりしました。この方法は非常に有効でした。90分を5分~10分毎に分けて、この御話、次はこの話題という感じで、メリハリが聞いていて、聞いている人が飽きずに、あっという間に時間が経過していく感じでした。幸いな事に、私は、プロマジシャンという立場上、御話の合間に、マジックを披露する事で、御客様が注目して見て下さるという有利な状況が生まれます。私の講演の場合に限っては、御話の合間にマジックを楽しんで頂くことが出来ます(笑)。講演回数をこなしていく内に、目線の使い方や御話をするペースも段々とつかめるようになってきました。目線の使い方として、1か所をじっと見ているのではなく、会場全体の御客様の

様子を8の字を描くように見ていく。そのようにする事で、全体に御話が伝わります。特定の場所しか見ていないと、御客様によっては無視されている感じになります。また、視線を下に下げて御話を続けていくのはNGです。マイクから声が漏れて聞き取りにくい状況が出てきたり、講演者の熱意や訴えたい主旨が、御客様に対して伝わりません。また講演の場合に限っては、言いたいことや主張は、はっきりと言い切る事が大切です。「何々だと思われます。」「何々じゃないかな~と思うんですよね~」と曖昧さをなくすように心掛けております。特に私の場合は、環境の御話やマジックの歴史についても御話するので、御話の出所を明確にするように意識しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

14日

学士会館

はじめて、学士会館にて、営業に行ってきます。あの半沢直樹で有名になった学士会館での出演は何だか、嬉しいものがあります。今回は非常に変わった依頼を承りました。90分講演+30分のステージマジックショーという内容です。講演内容は「知られざるプロマジシャンの世界」というタイトルで、いつからマジックを始めたのか?なぜプロになったのか?プロってどうやったらなれるのか?資格や・免許がいるのか?など答えられる範囲で教えてほしい。それを講演して欲しいという変わった内容でした。更に、スタンダードなマジックショーも見たい!という御要望にお応えしての営業です。私にとっても、はじめてのスタイルですので、どのような感じになるのか!?頑張っていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

13日

京都から

今回、大阪にある、茨木イオンモールにて、エコマジックショーの仕事に行ってきました。詳細画像は、後日に掲載予定です。新大阪経由ではなく、京都駅から降りて在来線を乗り継いでの移動でした。大阪にはよく出張するのですが、意外にも、京都で降りて、そこから大阪に行くというのは、今回が初めてでした。必ず、新幹線で新大阪駅まで行って、そこからの様々な交通手段を利用して、会場に行くというパターンがほとんどでした。京都からは新幹線でしか新大阪駅に向かったことはありませんでした。新幹線でも京都から新大阪間は約15分ですが、京都駅から在来線を利用したとしても、約20分~25分。多く見積もっても30分以内に到着する事が分かりました。仕事と旅行を兼ねているので、このような発見も楽しんでおります。ショーレポートは後日にまた。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

11日

大阪エコマジックショー

大阪茨木市イオンモールにて、エコマジックショーに出演する事になりました。本日は3月11日です。東日本大震災から5年が経過しました。私自身もその当時に比べると大きく変化しました。まだまだ解決しないといけない問題が山のようにあります。最近のニュースで、福島県を元に戻す

のではなく、日本を代表する「水素の街」にしていこう!という話がありました。新しい水素社会を代表する一大都市にするというプログラムが発表されました。福島県で得た自然エネルギーを利用して、水素を用いて、水素エネルギーで街を形成させていこう!という画期的な計画です。実現に向けて、日本政府は動き出しました。今後の展開に期待したいです。エコマジックショーの中でも、この話題を取り込んで行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

10日

エコマジシャン 取材

とある新聞社の方と打合せがありました。

エコマジシャン・ミヤモを取材させて頂きたいという御話を頂いて、打合せにいってきました。エコマジックを始めたきっかけは何ですか? マジックはいつ頃からスタートさせたのですか? 学生時代はどのような感じでしたか?など沢山の質問を受けました。どのような気持ちでステージに立っていますか?と聞かれましたので、「環境論は色々ありますが、特定の意見に偏ることなく中立な立場で、普通目線でバランスを考えて講演しております。」と返答させて頂きました。私の場合は、環境エコに対して、自分の主義主張を訴えるのではなく、このような考え方、このような理論があります。という事例A,B,Cという形で列挙して、「これについては皆様どのように考えますか?今日を機会に考えるきっかけにして行きましょう。」という流れを取らせてもらっております。環境問題で私自身が意識している事は「バランス」です。今後もこの点に注意していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

09日

i Movie

スマホで動画を作成しよう!という講座に参加してきて、講師の方に言われたのが、この2日間以内に必ず、短い動画を御自分で作製してみてください。という事でした。講座に参加すると、それだけで、身についた感覚になりますが、ここからは、自分で操作方法などを、使いこなして習得していって頂きたいと言われました。動画を綺麗に作成するコツとしては、持ち運び可能な簡易型の照明器具を購入すると良いとお薦めされました。これによって、少々薄暗い場所であっても、商品や被写体が明るく、暗くならないで動画が完成するとの事。またスマホを固定する三脚のようなものも別途必要と言われました。手ぶれ防止のため。非常に奥が深いと感じました。少しずつ頑張っていきたいと思います(^-^)!!

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

08日

スマホ動画講座

恥ずかしながら、昨年末からスマートフォンに変更しました。さすがにガラケーを人前で取り出すのが、何となく気恥ずかしくなってきたので、思い切ってスマホに変更しました。テレビCMでは、映画並みの高画質で動画が撮影できるというものを目にしたので、早速、自分でもやってみたくなりました。そこで、初心者のための「スマホで作る動画講座」という勉強会に参加してきました。あんなことが出来る、こんな事も出来るという新しい発見があったのですが、なにしろ操作の感覚がまだまだ慣れません。誰でも出来ますとはいえ、ここからは色々試し撮りをして、使い方を体で覚えていくしかないかな。と感じております。自由自在にこなすようになるまでには、予想以上に時間が掛かりそうです。少しずつ、慣れていきたいと

思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

06日

COP1~21

CO2をはじめとした温暖化ガスの濃度を安定化させるために、1995年から毎年、その国の環境大臣や政府機関トップの方々が国際会議を開いております。2016年まで続いておりCOPと言われております。21回会議が開かれており、第1回から第21回まで、どこの国のどこの街で行われ

ているのか、自分自身の理解を深めるために、今一度、手帳に書き出してみました。いつでも空き時間を利用して確認する事が出来ます。記念すべき第1回は1995年にドイツ・ベルリンで行われました。そして京都議定書が決定したのが、COP3の1997年京都開催の時です。そこから途中の排出量取引や森林吸収源のルール作り、2001年アメリカの京都議定書離脱などがあり、京都議定書を発行したのが、2005年になってからです。2008年~2012年までを第一約束期間、日本は1990年比温暖化ガス6%削減

。目標達成。その後、日本も京都議定書離脱を表明。現在、2013年~2020年の第2約束期間中という状況です。今2016年現在、日本は京都議定書に参加していないという話を、一般市民やビジネンスマンの方々にすると驚かれます。学校や社会人になると知る機会がないので、誰にでも分かるような解説を、講演の時は心掛けております。このようなcop1~cop21まで列挙した資料も、あまり見当たらないので、自分で作成してみました。こうして整理していくと京都議定書からパリ協定までの流れがつかめるので、難しく考えず、

山手線の駅名を覚える感覚で、楽しむことにしています。毎日、この表を眺めていると、自然に覚えてきます(^0^)!!

参考資料 「国立環境研究所 地球環境センター 気候変動枠組条約締約国会議」

      より抜粋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

05日

3エコマジック撮影

今回のエコマジック撮影をして頂いた、環境イノベーション情報機構(EIC)の方々との打ち上げに参加させて頂きました。特に日頃、環境エコロジーに対して興味のない人達に向けて、マジックを通して、目を向けてもらおう、関心を持ってもらおう、取り組むきっかけにしよう!という目的でマジックを撮影して頂きました。約3時間程しかない時間の中で、あっという間に、時間が経過していき、ぎりぎりの照明や角度など、撮影を開始しての難しさなどを皆で共有出来ました。EICからみても、環境問題に関して、マジックで動画を取り込むというのは、初の試みだという事。そして、マジシャンと関わる事も初めてという事。マジックを撮影するというのも初の試みだったという事で、新鮮だったようです。EICの皆様、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

04日

2エコマジック撮影

環境イノベーション情報機構(EIC)という環境省関連団体の方とコラボレーションして、動画の撮影の仕事に行ってきました。3時間程、御忙しい貴重な御時間を割いて頂き、私目のマジックの撮影の御手伝いをして頂きました。数演目程、撮影したのですが、光の具合や角度、高さの微調整など、現場で実際に始めてみないと上手くいかない、分からない事が多数出てきて難しい部分も多々ありました。しかしながら、スタッフの皆様の御協力もあり、無事に成功させることが出来ました。今回は、エコマジック+環境の御話も盛り込んで頂けるという事で、編集から発表までに、更に1か月近く掛かる見込みです。発表できる時期が来ましたら、追って御知らせさせて頂きます。スタッフの皆様ありがとうございました(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

03日

エコマジック撮影

環境イノベーション情報機構(EIC)という、環境省の関連団体があります。この団体の方とコラボレーションして、エコマジックの動画を配信していこうという事になりました。日頃、環境やエコロジーに対して興味・関心を示さない方達に対して、マジックというソフトを利用してのイメージ映像+環境の解説付き、という形で配信予定です。マジックは私が行いますが、解説に関しては、EICの方に行って頂きます。映像に残すという事は、後々まで残るので、これまでとは違った緊張感を伴います。これまでは、ライブでエコマジックを行うという部分に力を注いでおりましたが、動画配信も頑張って行きたいと思います。水が氷に変化するなど、2~3種類撮影予定です。続きは追って御知らせ致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

02日

確定申告

確定申告に行ってきました。この時期は1年間の集計に追われます。毎年ルールや数値的なものなど、変更事項がある場合もあり、情報収集を普段からしっかりと行わないといけません。ここ最近の動きでは復興税の計算の仕方、来年からは必ず、マイナンバー通知が必要などルールが変わってきます。私自身もサラリーマンから独立営業したばかりの頃は、全て経理担当の方に任せていたので、慣れるのに時間が掛かりました。やはり1週間、1か月とまとめて事務作業をするのではなく、毎日、少ない時間でもコツコツと行う事が、最も負担が来ないやり方だと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

3月

01日

花粉症

3月に入りました。皆様、花粉症は大丈夫でしょうか?私目は、子供の頃から、重度の花粉症持ちです。薬を飲みながら対処してはいるのですが、中々、そう簡単に快適な状況とはいきません。赤坂にあるマジックが見れる料亭「うさぎや」に出演してきました。テーブルマジックなので、御客様

との会話のキャッチボールも要求されます。その時に、薬が急に切れる事があり、鼻がムズムズします。あやうく、くしゃみが出そうになるのを我慢して、しんどい思いをする場合があります。私だけではなく、今や5人に1人が掛かる国民病とも言われております。一部地域で、花粉が出ない杉を開発して植える作業が始められたとの事。しかしながら効果が出るのには、約30年から50年掛かるとの事。自分が生きている間は花粉症に生涯悩まされそうです。マスク・うがい・手洗いでしのいでいきたいと思います。(苦笑い)。

 

 

 

 

 

 

0 コメント