2016年

11月

30日

飛行機事故

南米から悲しい飛行機事故のニュースが飛び込んで来ました。(画像は、イメージです。本事故とは一切、関係ございません) 南米コロンビア中部メデジン近郊で、ブラジルサッカーチーム「シャペコエンセ」の主力選手を乗せて、ブラジルからコロンビアに向かう途中でした。墜落事故により、70名以上の尊い命が奪われました。国内での弱小チームが快進撃を続けて、ビックタイトル獲得まで、あと一歩の所まで来たチームに悲劇が襲いました。元Jリーガーの方も含まれているとの事。ブラックボックスは無傷で回収されたようなので、ここから本格的な事故究明が待たれます。電気系統の不具合か燃料切れが原因ではないか?とも言われております。最近の飛行機資材や飛行体制など、コスト面ばかりが追及されて、安全面や環境面への配慮が、世界的に、やや掛けている傾向が伺えます。パイロット不足など、課題は多々あります。何とか事故が起きないような体制を整えて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

29日

プロフェッショナル仕事の流儀

「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」という番組を、少しばかり見ました。普段は、あまり見る事が出来ないのですが、上手くタイミングが合ったので、20分程見る事が出来ました。内容は10代の男女が、その道の専門家のプロの門を叩いて、直々に指導・アドバイスを頂き、それについて10代の男女が思い悩み、考え成長していく過程を見せてくれる内容でした。私が観たのは、将来、マンガ家を目指している女子高生のストーリーで、素人の私が見ても画質や絵は上手い人だと感じました。その女子高生が、出版業界のマンガを選別して、世に送り出す編集者の前で、直筆のマンガを持ち込んで寸評してもらいます。当然、厳しい御指摘を受けるのですが、そこから、この女子高生は努力して評価を上げる事が出来ました。マンガの世界も、絵がウマいだけではヒットするのは難しく、何か、一般市民や読んでいる人の心をとらえなければいけない。との事。学園もの、グルメもの、スポーツものなど、ジャンルがある中で、その中で異彩を放ち、読み手が感動を与えられるものでなければいけない。という難しいテーマをおっしゃっておられました。マジシャンの世界でも共通する部分もあり、参考になりました。そして、高校生の純粋さに原点を思い出させてくれました。

この番組を観る事が出来て良かったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

28日

2戸田第二小学校

戸田第二小学校での、環境エコマジックショー・イベントの御話の続きです。2部構成にして、前半マジックショー・後半ワークショップ形式にさせて頂いたのですが、特に後半のワークショップの部分は、今後に向けて、自分自身のやり方にも参考になるものがありました。私自身が小学校時代は、モノは

大量生産・大量消費・大量廃棄で、それで良しとされてきました。そもそもエコロジーと言う考え方自体が存在しない時代でした。しかしこれからの時代は、それでは、立ち行かない時代に入ってきており、ゴミを減らす、モノを再使用する、モノを再資源化する。という3Rの時代に入ってきております。特に子供達には、このような環境教育が重要です。そこで、今回は、子供達に「ECOって聞くと何を連想する?」と逆に質問してみました。「ムダをなくす!」「綺麗に使う!」などすぐに答えが返ってきました。子供達や大人の観客にも、考えて参加して頂く時間を増やしてみようと思いました。今後の環境エコマジックの中に組み込んで行きたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

27日

戸田第2小学校

埼玉県に出張に行ってきました。と言っても、最近の私の活動範囲の中では、大変、近い現場ですが(苦笑い)。埼玉県戸田市教育委員会主催の環境イベントにて、戸田第二小学校で、地球と暮らしについて考える「エコ・マジック」=マジック+地球環境の講義講演を60分行ってきました。30分毎に今回は、分けて頂き、前半30分は御話を交えながらのエコ・マジックショー、後半30分はワークショップ形式にしました。前半では、純粋に子供も大人もマジックを楽しんで頂き、後半は地球環境についての〇×クイズ、アンケート、誰にでも出来る簡単科学マジックの原理の解説、ECOの意味などを、御話する形式にて行ってきました。前半終了後10分休憩を挟んで、後半に行きました。その間ステージ横で待機していたのですが、子供たちがはしゃいでいたり、盛り上がっていたりするのを見ると、私も何だか楽しくなってきました。戸田第二小学校の皆様ありがとうございました(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

26日

中東初のCO2回収施設

中東で初となる、大気中のCO2の回収・貯留施設が稼働を開始したというニュースが飛び込んで来ました。アラブ首長国連邦UAEの中で、「アル・リヤダ」という団体がスタートさせました。この施設は、アブダビにある鉄鋼大手、「エミレーツ・スチール・インダストリーズ=ESI」から排出されるCO2を回収し、その後、回収したCO2を石油生産・増加のため国内の油田に注入するそうです。長年にわたって研究を積んで、そのコストは138億掛かったとの事。同様の計画はサウジを含む他の国々でも進められています。これによって、自動車の排気ガスを大幅に大気中に出さずに済む。という事になりそうです。(画像はイメージ) 

「AFP 時事ニュース 11月25日 より抜粋」

まだ、稼働したばかりなので、今後どのようになっていくのか注視したいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

25日

小学生への環境教育

近日中に、埼玉県の小学校にて、マジックを通した環境教育の御仕事を頂いております。体育館をお借りしての、エコマジックショー=マジック+地球環境の講義講演を行います。30分ショー的に演じたら、10分間の休憩を挟んで、30分のワークショップ講座形式のものを実施いたします。後半では、地球の気温上昇を今世紀中には2

度C未満に抑えよう!という「パリ協定」での合意によって、世界中で目指す方向が固まりました。そのような御話を盛り込みます。しかしながら、なぜ、地球の気温が1~2度C上がるだけで、そんなに大変なことになるのか?という素朴な疑問が浮かび上がります。小学生を対象にするので、返答として、「地球全体も、人間の体だと思ってみてください。私達人間も平熱で、約36・5度C前後と言われています。ここから1~2度体温が上がって、37~38度Cになると、体が重くて、学校へ通うのも大変になってしまいます。地球にも当てはまります。」 非常にかみ砕いた表現方法とはなりますが、専門用語を多用せず、小学生には伝わるようです。環境の勉強会に参加して、別の方から教えて頂けました。今後も子供達に、より理解を得やすいような表現方法や説明の仕方を考えて行きたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

24日

11月の雪

約50年ぶりに、東京近辺を中心とした都心で雪が降りました。私が生きてきた中でも、11月に雪が降って、少しばかり積もるのを見るのは記憶に無い出来事です。朝起きて、窓を開けてみると雪景色に変わっていたので驚きました。しかも大変寒く、くしゃみも多々出ました(苦笑い)。幸いな事に、地方出張から戻ってきたばかりなので、雪の影響による交通機関の乱れには合わずに済みました。今回、11月のこの雪によって、今後2016年~2017年に掛けて、ずっと寒さが続いて雪が降り続けるのか?と言われると、そのような様子でもなく、一時的なものなのかもしれません。10月半ばまでは30度近くあった気温が、1か月経過した、この時期に、一気に5度を下回る気温差となっております。極端な暑さや極端な寒さなど、例年までの常識を覆す気候の変化に上手く対応して行かないといけませんね!

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

23日

津波と地震

津波と地震が、東北地方を中心に襲ってきました。しばらくぶりに、ヒヤッとするニュースでした。幸いな事に人的被害は出ておらず、5年前の3・11の時から、警報や津波が来たら、すぐに高台に逃げるように!という教訓が功を奏したようで良かったです。福島県の原発の方にも、津波が押し寄せてきて、約1時間30分程、運転停止状態に陥ったというニュースも流れてきました。こちらの方も、現段階では、壊滅的なダメージを受けたという事は聞いておらず、正常に運転を再開したとの事でした。しかしながら、こう言うニュースを聞く度に、早く100%自然エネルギーで、私達の日常生活が送れるようにならないかと思います。その日は、まだまだ遠いようですが、未来に向けて、今出来る事からコツコツと進んで行きたいと考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

22日

2IKEAイベント

立川IKEAイベントの御話の続きです。今回は、IKEAに遊びに来て下さっている御客様に対して、レジや食事を待っている時間など、いかに退屈しないで楽しんでもらえるかも重要なポイントとして捉えておりました。特に今回は、レジ待ちの御客様に対して、ずっと並んで待っている子供などに、マジックを一つ二つ演じてきました。子供達は大喜びしてくれました。周りで見ている大人の方々も笑ってくれました。お店の方も喜んで頂けました。休憩時間も、しっかりと確保して頂き、特別に、IKEAの社員食堂でお昼を御馳走になりました。従業員用に低価格でのバイキング料理を頂く事が出来ました。更にラッキーな事に、この日に限り、私が休憩中だった時間帯だけ、ローストビーフが出てきました。美味しかったです。元気が出ました(笑)。御客様だけでなく、従業員の前でもマジックを披露して欲しいというリクエストも頂いたので演じてきました。IKEAの皆様どうもありがとうございました(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

21日

立川IKEAイベント

山形県で夜移動して、東京に戻ってきました。ほっとする間もなく、今度は、朝から夕方までの東京都内にある立川IKEAでのイベントに出演してきました。主にストリート、サロンマジックが中心でした。具体的に述べますと、IKEA館内は大変広く、所々で、御客様は買い物を楽しんでおられます。また、レジや休憩するベンチなどで、休まれている方も多くいらっしゃいます。そのような場所に、私が出向いて、主に子供がいるファミリー層を対象に、目の前でマジックを披露します。スタッフの方から、ネズミのヌイグルミを渡されて、生きているように動かして欲しい。というリクエストを頂いていたので演じてきました。以前、東京ディズニーランドマジックショップに勤務していた時期に、同様の演技を披露していた時期があったので、違和感なく入れました。これは子供にも大人にも喜ばれました。続きはまた次回に記載致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

20日

山形ステージ

山形県でのエコマジックショーを行ってきました。マジック+地球環境の講義講演を、午前と午後の2ステージ行ってきました。親子連れ約100名程の御客様に御集まり頂けました。ショーの冒頭に、画面には映っておりませんが、スクリーンを設置して頂き、石油・石炭などのオイルカードが風車のカード(自然エネルギーを表す)に変化していくマジックを、映してもらう事が出来ました。約3分半程なのですが、これにより、御客様には、これから行われるマジックショーのテーマがイメージしやすくなり、主催者や御客様から好評を得ました。現場にもよりますが、今後も、スクリーンを使用出来る現場であれば、積極的に活用して行こうと思います。今回の主催の山形新聞社様、山形県の皆様ありがとうございました(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

19日

山形県食事

山形県に来ました!! 東北新幹線に乗るのは、先週の宮城県出張に続いてとなります。まずは、東京から離れての景色を堪能してきました。到着後に早速、山形県の食事を堪能してきました。山形県の郷土料理を提供してくれるお店に行ってきました。芋煮や魚を頂き非常に美味しかったです。更に、この日は、サービスで、プロの三味線の方が生演奏をして頂けるという日にあたりました。目の前で、食事を堪能しながら楽しめるという幸運に恵まれました。この地域は、山と田んぼと自然に囲まれて、豊かな食に恵まれています。非常にエネルギーになりました(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

18日

山形県出張

山形県に出張が決まりました!環境エコマジックショーを1日2回行うというスケジュールとなっております。前回は仙台ですので、先週に引き続いて東北新幹線に乗る事になりました。私自身が旅行する事が好きなので、新幹線で外の景色を楽しみながら目的地に向かうのはワクワクしてきます! 最近になって日本全国で、私達の住む都心部と山の中間地域の里地里山にクマが出没する事が問題になってきております。私が先週訪れた宮城県登米市もクマが出没したとの事。東京都青梅市でも、民家にクマが入って来て、冷蔵庫をあさるという事が報道されていました。20年ぶりにクマを狩猟しても良いという事になりました。なぜクマが人里に顔を出すようになったのか?原因の一つに、日本の森林が針葉樹林であるという事が挙げられます。しかしながら、針葉樹林は、非常に太陽の陽が地面や周辺に差し込みずらい薄暗い環境を作り上げてしまいました。そのため、クマが必要とする食料や周辺の生態系が育まれず、エサ不足気味で、人間の環境に入り込んで来ているとの事。クマや動物の生態系、生物多様性、私達の暮らしのバランスを考えて行かないといけない難しい時代です。より良い方法を模索して行きたいですね。

(参考とした情報 TV 報道ステーション 11月18日放送 より)

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

17日

自動車業界の長期目標

昨年10月にトヨタ自動車が「トヨタ環境チャレンジ2050」という長期目標を発表しました。内容は「2050年までに新車平均走行時CO2排出量を90パーセント削減」という、非常に意欲的な内容でした。内外から一気に評価を高めました。大企業が、このような長期的発表を行う事は、今後の世の中が進む方向性が見えてきます。私自身を含めて、どうしても目先の事や、この1~2,3年の目標を掲げるのですが、数十年先を見越して目標を掲げて、実践していくのは難しく感じる部分があります。トヨタがこのような長期目標を掲げたのは、実はWWF=世界自然保護基金ジャパンという団体が、日本企業の環境力を独自評価した際に、トヨタに対して、環境面を考慮した車作りの長期目標が欠けているというアドバイスをしたとの事です。そしてこのような目標を掲げました。

(参考出典 TOYOTA HP 環境への取り組み より 抜粋

      株式会社オルタナ CSR関連環境情報メールより 抜粋)

トランプ大統領就任により、自動車業界と環境との関りは、非常に予測出来ない状況になってきております。今後の影響に注目していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

16日

新聞工作

来年の環境エコ・マジックショーでの案件の御話になりますが、マジック+講義講演の合間に主に子供達を巻き込んで、大人も楽しめる身近にある、日用品を用いた工作時間も盛り込んで欲しい。というリクエストを頂いております。今回は新聞紙を用いての工作を提案して見ました。何回か工作教室をした事があるのですが、あまりにも複雑で難解なものにしてしまうと、それだけで完成までの個人差が出てきてしまい、時間が足りなくなる傾向がありました。ですので、なるべくシンプルな物にして、でも知っていると大人でも今後に有効活用出来るという新聞工作を提案して見ました。まだ、来年どうなるか分かりませんが、今後に向けての課題の一つです。

 

 

0 コメント

2016年

11月

15日

国連の警告

国連が警告を出しました。世界気象機関=WMOという団体が、下記を発表しました。「2016年は、観測史上最も暑い年になる。地球温暖化に歯止めを掛けなければ破滅的な未来が待ち受けている」というものです。パリ協定発効に向けて、全世界での上昇温度を2度C以内に収める。という

公約はあるものの、このままのペースで、石油・石炭等の化石燃料を使用し続けると、とても目標に到達出来ないと言われております。まだ分かりませんが、今後、CO2排出量世界第2位のアメリカが、トランプ政権になり、気候変動に対して、どのような態度で臨むのか非常に気になる所です。前回の京都議定書発効前に、アメリカが離脱した事により、世界の地球温暖化対策は遅れが生じました。今後の展開を注意深く見守りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

14日

宮城県登米市講演

先日の御話の続きです。この日は、一日で2講演を別の場所でやらせて頂き、1本目が終了後、着替えずに、地球儀もそのままの形で、すぐに移動となりました。1日で2か所回らせて頂けるのは、非常にありがたく嬉しく思います。2本目は、登米市という大崎市から車で30分程の所の登米市南方公民館ホールという場所での講演となりました。会合名は、青少年健全育成南方のつどいという名称で、小学生高学年と中学生とその保護者、市職員関係者という御客様でした。環境エコマジック+夢を持つことの大切さを、御話出来る範囲で御話させて頂きました。私の出番前に、数名程、子供が約100名の前で、スピーチする時間がありました。部活動を頑張っている子や、趣味で苦労したけど成果を挙げた話など、私自身の学生時代を思い出しました。マジックを生で見る機会というのは初めての子が多く、喜んで頂けたようで、私自身が勉強になりました。登米市の皆様ありがとうございました(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

13日

宮城県大崎市環境フェア

宮城県出張の御話です。この日は、1日の中で、場所を変更しての環境エコマジックショーの講義講演です。まずは、最初の会場の御話をさせて頂きます。1本目の会場は宮城県大崎市での環境フェアに出演してきました。11時スタートにて、親子連れファミリー層、約200名の前で60分御時間を頂けました。この地域は、数年前の3・11震災当時、古い家屋は倒壊したそうです。電柱も一部傾いたままの所も残っておりました。当時はガソリン不足で生活インフラに苦労された時期もあったとの事でした。あれから数年経過して、これからの自然エネルギーへの移行、環境意識を一般市民に高めてもらう事が非常に重要と、市の方がおっしゃっておられました。環境エコロジーに、より興味関心を高めてもらう事を意識しながら舞台に立ちました。大崎市の皆様、ありがとうございました(^-^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

11日

仙台出張

仙台への出張が決まりました。今回は、私自身も初めてのケースなのですが、一日で場所を変更しての2講演ステージです。1か所に集中して、同じ現場で、午前1回・午後1回もしくは複数のステージを同じ現場でこなすという事はあったのですが、今回のように、会場から隣町での会場への移動を含めての2講演というのは、初めてのケースとなります。講演ステージ終了後は、すみやかに撤収して、着替えはそのままで地球儀もそのままの形で持参して移動となります! 今回は、プログラムを少し修正して臨みます。スケジュールはハードとなりますが、一日で場所を変更しての複数講演ステージというのは、非常にありがたく嬉しく思います!詳細は後日記載致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

10日

トランプ大統領誕生!!

トランプ大統領が誕生したという、衝撃的なニュースがアメリカから飛び込んで来ました!!選挙前は、ヒラリー優勢という声が圧倒的だったのですが、フタを空けてみると、アメリカ国内には、隠れトランプ支持者が大勢いたようで、トランプ氏になりました。賛否両論言われておりますが、その中でも、日本への影響は最も気になる点です。早速、株価が約900円程値を下げました。TPP問題や、日米同盟の見直し、経済活動など、課題は山積みです。私が気になっているのは、気候変動問題です。どうしても優先的にニュース等で取り上げられない事項ですが、トランプ氏の以前の発言の中に「地球温暖化説はまやかしである。京都議定書から離脱して、石油・石炭産業に力を注ぐ」というものがありました。現時点の世界の潮流と真逆の政策ですが、京都議定書から離脱の可能性もあります。どのような方向に行くかを注視して行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

09日

福岡道路陥没

福岡県で道路陥没のニュースが飛び込んできました。初めて見たので、一瞬、現実ではなく映画のワンシーンではないかと目を疑いました。ニュース報道を聞いていると、この原因は地下鉄作業が関係しているという事でした。丁度、地下鉄を博多駅まで延伸する計画だったので、作業中という事でした。これまでも、この地域は、過去に何回か小規模の陥没が起こっていたという情報も入ってきました。更に、この土地自体は、数十年前まで沼地で深い田んぼだったことも判明しました。今回このような事故が起きましたが、幸いにも人命には影響しませんでした。これまでは、地下鉄や都市のインフラは安心で、私達は安全なんだ。とどこか油断している部分がありました。大都市では、いつ似たような状況に巻き込まれてもおかしくないという心構えを持たないといけないなと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

08日

トヨタEV量産

トヨタ自動車が2020年までに電気自動車(EV)の量産体制を整え、EV市場に本格参戦する方向で検討に入ったというニュースが飛び込んで来ました。

私の個人的なイメージでは、燃料電池車(FCV)に力を注いでおり、電気自動車には手を出さないのかと思っておりました。アメリカ・カリフォルニア州や中国でEVを販売しなければならない規制を設けて、

手厚い補助金で普及を後押ししている状況となっております。しかしながら、電気自動車が普及してこない欠点として、航続距離や充電時間などの性能と価格の問題が挙げられます。将来的にはHV,プラグインハイブリット車(PHV),EVなどが併存するとする見方が有力で、自動車各社は多様な動力源への対応を迫られています。今後の展開に注目したいです。

(日本経済新聞 2016年11月7日 より抜粋)

                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

07日

IKEAイベント

今月後半に、IKEA10周年記念イベントに出演してきます。春に続いて秋のイベントでも出演が決定致しました。打ち合わせに行ってきます。IKEAは、北欧スウェーデンを発祥とした10年前に日本にやってきた、郊外型の大型家具店です。環境面から考えて、非常に森林資源、木材資源やぬくもりを考えて、製品を作成しております。家にこのような家具や机が配置されていたらいいな。というイメージや展示をしてくれています。また、従業員やスタッフのオフィスでも、ステンレスのねずみ色のデスクではなく、木の机でのミーティングが行われていました。随所に環境に配慮した、自然と調和していこうとする雰囲気が伝わってきました。出演詳細は、後日に追って御知らせさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

06日

4兵庫県出張

兵庫県や大阪で出張がある時は、必ず、タコ焼きを食するようにしております。東京は銀ダコが有名ですが、私自身は、関西で食べるタコ焼きの方が好みです。口の中に入れて、とろける美味しさは絶品です(笑)。そこで、気になったので、日本のタコの水揚げ量を調べてみました。

日本一は北海道で、全国のタコの水揚げ量の約53%を占めます。第2位は兵庫県明石です。「明石焼き」は全国的に有名です。江戸時代からあるそうです。明石焼きは歯ごたえが良すぎるために、モロッコ産のマダコの方が柔らかく明石焼きに向いているという説もあります。

タコ日本国内水揚げ量

1位 北海道 18,700t 

2位 兵庫県  2,800t

3位 香川県 1,200t

(出典 農水省)

機会があれば、また食べたいと思います(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

05日

3兵庫県出張

兵庫県出張、講演の御話の続きです。環境概論を御話させて頂きながら、マジックを披露してきました。主に廃棄物削減に関しての御話と絡めながら、ロープの切れ端や結び目など、1本のロープだけで、ゴミが出ないロープマジックを披露してきました。特に今回は、ビジネスマンの方を対象としているので、御客様の手持ちの1万円札をお借りしての演目を入れました。「エコロジーとエコノミーの言葉の頭は、両方とも eco です。これにも意味があり、これには、環境と経済を両立させよう! 環境だけ良くなっても豊かな経済発展が行きわたらない事は良くない。経済だけ発展して、環境が悪化するのも良くない。両方を持続可能な形で発展させて行こう。両方を伸ばして行こう。という考え方が現在の主流となっています。」このような解説をしながら、御客様からお借りした一万円札を千円札に変えて見せます。

お客様は非常に盛り上がります! これは、エコ・マジックのほんの一例なのですが、学識とマジックと分かり易く楽しく伝える方法を研究しております(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

04日

2兵庫県出張

兵庫県出張にて、尼崎中小企業センターでの講演の様子です。日下建設株式会社様とその御取引様の前で、環境講義講演+エコロジーに関わるマジックを披露してきました。特に2020年以降に開始される「パリ協定」の発行に関しての御話、毎年環境大臣とその国の首脳クラスが集まる国際会議=COP、今年で22回目がモロッコのマラケシュにて開催されるので、COP1~COP21までを記載した参考資料をお配りさせて頂きました。このCOPには、時には、その国の大統領や首相も出席するという重要な会議です。この会議の行方が、次の世界の産業のトレンドをリードすると言っても過言ではない位重要です。日本企業や日本政府の対応は、やや遅れている側面もあり、企業によって、環境経営の取組には温度差があります。少しでも多くの方が注目してもらえるように、マジックで楽しみながらコツコツと講演して行きたいと考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

03日

兵庫県出張

兵庫県に出張に来ております。今回は兵庫県尼崎市にある、尼崎中小企業センターという場所での、日下建設株式会社様の安全大会にて、環境講義講演+エコマジック、約50分程を行ってきました。日下建設様の社員と御取引様を相手に、環境エコロジーの概論を御話しながらマジックを披露してきました。環境省の策定した「エコアクション21」を認証・取得されました。この「エコアクション21」は、中小事業者でも自主的・積極的な環境配慮に対する取り組みが展開でき、かつその取組結果を「環境レポート」として取りまとめて公表出来るように工夫されています。

(環境省ホームページより抜粋)

講演の様子は次回に記載致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

11月

01日

太陽光発電の課題

太陽光発電事業者の倒産件数がこの数年で最大である。とYAHOOニュースに先日掲載されていました。当初は、国を上げて太陽光発電を積極的に導入する事で、国から補助金や助成金が降りていたのですが、あまりにも後から業者が参入して、生き残りが厳しい状態となったようです。一般的に太陽光発電は、寿命が30年余りと言われております。2010年以降、主に、東日本大震災以降は、自然エネルギーを積極的に取り入れようという流れもあり、その中で太陽光発電は、その代表格として優遇されてきました。全国至る所で太陽光パネルを見掛けるようになりました。しかしながら、2040年前後に、大量の太陽光パネルの廃棄物が溢れる事になります。環境省でも2040年問題として、今から対策を練らないといけないという重い課題が突きつけられております。蓄電池の性能の向上や太陽光発電を普及させるシステム作り・法整備が必要になってきます。何とか良い方向に進んで欲しいです。(画像はイメージ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント