最新のブログ記事


巨大サイクロン

世界各国で、自然による災害が発生しております。

 

新しいニュースが飛び込んできました。

 

アフリカ南部のモザンビークとジンバブエで、熱帯サイクロン「アイダイ」が発生しました。

 

街が水浸しになるほどの脅威です。

 

病原菌が大量に発生し、人間の飲み水や生活用水に悪影響が出ます。

 

健康問題にもつながります。

 

死者が1000人を超えるだろうと予想が出ました。

 

日本にいると、あまりニュースになりませんが、世界の災害情報にも目を向ける必要があります。

 

テレビ朝日 報道ステーションより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フードトラック

昼のランチタイムによく見かけるようになった、フードトラックの記事がありました。

 

フードトラックは食品の移動販売車。

 

都内の場合、社内で盛り付けや加熱などの簡易な調理をする「調理営業」と、調理・包装済みの弁当などを売る「販売業」の2種類がある。

 

食材の下ごしらえなどの仕込みは、原則、保健所が営業許可を出した施設で行う必要がある。

 

トラック制作から、保健所の代行申請まで請け負う会社も盛況を得ている。

 

コンビニにもレストランにも負けない、こだわりの料理を提供しようと「第二の人生」を掛けて、40代以上の挑戦者も増えている。

 

ただし誰でも成功できるほど、甘い世界ではない。と関係者は話している。

 

出典 朝日新聞3月18日より一部抜粋

 

最近街でこのフードトラックを、よく見かける気がします。消費者としては、様々な味や雰囲気を楽しめるので、今後も発展して欲しいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロボット

2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会は15日、競技会場などで使うロボットを公開しました。

 

運営でロボットが本格的に活用されるのは、五輪では初めてです。

 

採用が決まったのは、トヨタ自動車が開発する「生活支援ロボット」とパナソニックの「パワーアシストスーツ」。

 

生活支援ロボットは、2体で1セットで、車いすを使う人を観客席まで案内するものと、席まで飲み物を運ぶものです。

 

パワーアシストスーツ(重さ約4.5キロ)は背中に着けて、選手やチームの荷物を積むときなどに使う予定です。

 

モーターの力で腰の負担が1~4割軽くなるといいます。

 

出典 朝日小学生新聞3月18日より一部抜粋

 

今後は、様々な仕事での活用が期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境と企業価値

SMBC日興証券は「熱くなる温暖化、環境と企業価値の基礎分析」としたリポートで、企業の温暖化ガスの排出量と業績の先行きに深い関連性があると指摘した。

 

これまでESG投資ではGガバナンス=企業統治が重視される傾向が強かったが、今後はE環境への取り組み度合いも重要な要素になりそうだ。

 

SMBC日興証券の伊藤圭一チーフクオンツアナリストは、本業と温暖化ガス排出との関連が大きいと考えられる「エネルギー」「素材」「資本財」「公益」の4業種について、直近のデータを分析。

 

排出量の多さに応じて企業を3つのグループに分類し、5年先までの増収率の市場予想(QUICKコンセンサス)を調べた。

 

すると、温暖化ガスの排出が多いほど増収率が低い結果になった。

 

こうした傾向は、温暖化ガスの排出量の開示が始まった2007年頃には見られなかった現象だという。

 

米電力大手のPG&Eがカリフォルニア州で発生した山火事が原因で破産申請に追い込まれるなど、市場では環境への関心が高まっている。

 

伊藤氏は「温暖化ガスの国際規制の強化などが投資計画に影響しているのではないか」とみている。

 

出典 日本経済新聞3月16日日より一部抜粋

 

今後も、環境が重要な視点になっていくと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

eスポーツ

時代を感じさせるニュース番組のコーナーがありました。

 

eスポーツは、スポーツか否か? 

 

学校に部活動として、eスポーツ部を設立して良いのか?

 

非常に難しい問題で、番組内でも、タレントやコメンテーターの方々の様々な意見が飛び交いました。

 

賛成派の意見、ゲームを通して判断力、状況判断、チーム作戦の遂行によるコミュニケーション向上など。

 

反対派の意見 ゲーム依存症になる。進路や就職が難しくなる(親の意見)。目が悪くなる。健康を害する。など。

 

様々な意見が出ました。

 

そもそも、eスポーツで生計を立てられるのか?という意見も出ました。

 

どんな世界でもそうですが、トップは1億円以上の報酬を得ています。大会に大手企業のスポンサーが付き、全世界で何億人もの視聴者やファンがいるという、大きな市場が出来上がっています。

 

逆に駆け出しの人は、アルバイトや他の事で生計を立てているとの事。

 

また選手寿命は、25歳でピークを迎えるとの事。判断力・集中力がこの時期から落ちてくるそうです。

 

非常に厳しい世界と言えます。

 

テレビ朝日 羽鳥モーニングショーより

 

非常に考えさせられるニュースでした。私自身の個人的な意見としては反対はしませんが、健康面に悪影響が出ないことをのぞみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月面探査車

自動車メーカーの未来への挑戦の記事がありました。

 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とトヨタ自動車は12日、最大4人を乗せて月面を走る有人探査車を開発すると発表しました。

 

水素で走る燃料電池車や自動運転の技術を使って、2029年の打ち上げを目指します。

 

各国で検討している月探査で活用し、日本人飛行士による月面探査の実現につなげたいとしています。

 

探査車は全長6メートル、幅5・2メートル、高さ3・8メートルでマイクロバス2台分の大きさ。

 

車内は宇宙船のように空気で満たされます。

 

月面を1万キロ以上走れる車を目指します。

 

日本やアメリカ、ヨーロッパなどで検討中の月を周回する宇宙ステーション「ゲートウェイ」が26年ごろ完成した後、月面での水資源の探査に活用する予定です。

 

出典 朝日小学生新聞3月14日より一部抜粋

 

未来に向けて、更なる進化を期待します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニホンライチョウ

生態系に関する記事がありました。

 

特別天然記念物のニホンライチョウの一般公開が、15日以降、上野動物公園など全国の5施設で始まる。

 

絶滅が心配される「神の鳥」を多くの人に見てもらい、その暮らしを驚かす高山の環境変化についても知って欲しいと、各地の動物園が協力して飼育法を確立。

 

一般公開は15年ぶりだ。

 

上野動物公園では、当面は公開時間を午前10時から正午までに限り、慣らしながら公開時間を伸ばしていくという。

 

また環境問題を伝える展示も予定している。

 

飼育展示課の担当者は「私たちの生活が山の上にも影響を及ぼしている事を知り、自分が何を出来るか考えてもらえるようにしたい」と話している。

 

出典 朝日新聞3月12日より一部抜粋

 

登山の際のゴミのポイ捨てをなくすなど、地道な活動が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エコマジック ワークショップ

地球と暮らしについて考える「エコマジック」、

 

60分以上の御時間を頂く場合は、マジックショー約30分、ワークショップ約30分という具合に分けるようにしております。

 

これまでの経験から、マジックという芸能は、タネはどうなっているのか? このネタはこのようなやり方ではないか?など目を凝らして肩に力が入り、御客様が非常に緊張します。

 

ですので、この緊張感を持続できるのは30分以内です。

 

残りの時間は、エコのクイズ・ゲーム、御客様も御自宅に帰って、日用品で出来る高価なものを使用しない(エコ的な)ものでの科学マジックレクチャー、質問コーナーなどを設けております。

 

ただずっとマジックを見せるだけですと、見ている御客様も疲れてきます。

 

時間的にも、演目ごとに、メリハリを付けたほうが御客様にとっても見やすくなります。

 

上記のやり方を、この1~2年取り入れたところ、好評を更に博すようになってきました。

 

今後も頑張って行きたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒川区環境イベント・ステージ

荒川区環境イベントに出演させて頂きました。

 

マジック+講義講演(地球の御話)を実施してきました。

 

開始が昼の12時30分だったのですが、11時台から待っている御客様もいらっしゃり、わくわく期待感が高まっているようでした。

 

環境エコロジーと絡めて、どのようなマジックが見れるのだろう?という大人の方の御意見も聞かれました。

 

地球環境に配慮したマジックで、花、水、氷、砂など自然の素材を用いた演目だけでなく、ゴミ削減の演目、切れたロープがつながる等。も行いました。

 

スマホ・パソコン・タブレットなど電力を用いないアナログのゲーム・パズルを楽しもう!と題してルービックキューブも演じてきました。

 

全体的に、非常に盛り上がって、楽しんでもらえて良かったです!

 

続きは明日記載させて頂きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒川区環境イベント

 

地球と暮らしについて考える「エコマジック」、

 

今回は東京都荒川区での出演です。

 

荒川区の環境イベントに呼ばれました。

 

マジック+講義講演(地球の御話)を行います。

 

60分お昼から実施いたします。満員御礼にて、追加での参加は不可となりますので御了承願います。

 

30分マジックショー形式で行い、30分ワークショップ形式となります。

 

親子連れを対象にしたものです。

 

当初は数十名を予定していたのですが、急遽、人数が増えて80名を超えるとの事。

 

ありがたい限りです。

 

この様子は後日記載致します。行ってきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、ブログを立ち上げました。

日常生活の事や仕事の事、自分の

ペースで記載していこうと思います。

もし、お時間ございましたら

覗いて見て下さい。

よろしくお願い申し上げます。

 

ホームへ戻る

 

御問合せフォームはこちら