2018年

2月

18日

食糧備蓄

食糧備蓄に関する記事がありました。

(画像は食べ物、飲み物のイメージ。版権フリー)

 

11年度に186万食を持っていた東京都は東日本大震災を踏まえて、2日分だった食料の量を3日分に増やすなどして、18年度には3・6倍の666万食まで増やす予定だ。

 

ただし問題になるのは、賞味期限が近づいた食料をどうするかだ。捨てずに活用するフードバンクが挙げられる。ただし数十人分入りの米や2リットルの水は大きすぎて配りにくいなどの課題もある。

 

食料を配る仕組みを国全体で考える必要がある。と関係者は話している。

 

出典 朝日小学生新聞 2月17日より一部抜粋

 

備蓄量もさることながら、備蓄食の栄養のバランス、保存期間、保存場所など、課題は多々あります。しかしながら真剣に考える時期にきております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

17日

新宿忍者

しばらくぶりに新宿忍者に出演してきました。

 

オープンして、半年ほどが経過しました。

赤坂忍者はオープンして約15年以上が経過したのですが、新宿忍者は、その姉妹店として半年が経過したにすぎません。

 

歴史が違いすぎるので、まだまだ比較はできません。今は未来に向けて、御店のスタイルを作り上げている過程です。本日も外国人の御客様が半分を占めました。

 

ここでしか見る事が出来ない、忍者オリジナルマジックを披露しております。夜に来て頂けますと、豪勢な忍者にちなんだ日本食の後に、忍術=マジックを見ることが出来ます。

ご興味ある方は、YAHOO検索→新宿忍者にて御予約を御願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

16日

新作エコマジックのネタ見せ

環境エコマジックの新作デモンストレーションを見せてきました。

 

都内にある、環境省・外郭団体の環境イノベーション情報機構=EICという団体がある場所に、私から出向きました。

 

そこの一室を利用させて頂き、環境の専門家・有識者・学識者の前で、数点ほど環境エコマジク新作のデモンストレーションを行わせて頂きました。まずは、EICの皆様、貴重な御時間を割いて頂き、一プロマジシャンの身分の私のために見て頂けたことに感謝申し上げます。

 

マジック関係者に見せるのと違い、このような視点でマジックを見るのか!? このような感覚や考え方でマジックをとらえるのか。と環境の専門家の視点で、マジシャンとは違う考え方・感性で、様々なアドバイスや貴重なご意見を伺うことが出来ました。

 

今後に大いに生かしていきたいと思います。マジシャン・マジック関係者以外の人の考え方は、本当に参考になります。今後に向けて新しい課題が出来ましたが、未来への可能性を感じております。動きがありましたら、また記載させて頂きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

15日

世田谷ケアプラスホテル

世田谷ケアプラスホテル瀬田ステイという場所で、テーブルマジックの仕事に行ってきました。

 

御客様は10人以下だったので、大きな丸いテーブルを1台御用意して頂き、その周りを取り囲むように御客様に座って頂きました。

 

約60分程、御時間を頂いて、本格的なマジック30分の後、御自宅で誰にでも出来る日用品を用いたシンプルなマジックの解説も行ってきました。普段テレビでしか見ることが出来ないものを身近に感じて頂く事で、大変喜ばれました。

 

バレンタインデーという事で、私の方から、マジック参加への御礼を込めて、御客様の皆様にチョコレートをお配りさせて頂きました。こちらも喜ばれました。参加して頂いた皆様、スタッフの皆様大変ありがとうございました(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

14日

チョコレート

2月14日はバレンタインデーです。

 

このようなイベントはマジシャンにとっては、非常にありがたいことです。本日は、2か所での仕事を頂ております。

 

チョコレートやハート型の輪ゴムなどを用いた演目や、お土産を用いてのパフォーマンスを披露する予定です。

 

スケジュールが少しタイトですが、幸い、本日は天候にも恵まれてスムーズな移動が出来ることを願っております。GWや夏休み・冬休み・ハロウィン・クリスマス・お正月など、一般の皆様が御休みの時に、いかに楽しんで頂けるか?を常に考えております。

 

本日も頑張ってきます。この様子は後日に記載させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

13日

北海道の流氷

なぜ北海道で流氷を見ることが出来るのか?

記事がありました。(画像は北極のもの。流氷のイメージ画像。版権フリー)

 

一般的に海の水は塩分が含まれているため、凍りにくいのが特徴です。しかしオホーツク海には、ロシアのアムール川から大量の真水が流れ込むため、塩分の薄い部分があります。

 

そこにシベリアからの冷たい空気が流れ込んで急激に冷やされ、海が凍るというわけです。こおった氷は、アムール川から1千キロも南にはなれた北海道にたどり着くのです。

 

近年は、流氷は面積が減り、見られる期間も短くなっていて、地球温暖化の影響が指摘されています。

 

出典 朝日小学生新聞2月13日より一部抜粋

 

上記は初めて知りました。非常に分かり易く勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

12日

日本の食の問題

日本の食の問題に関する記事がありました。

 

日本の農業人口はここ10年だけで4割減の181万人になった。農家の43%は70歳以上で、体力の限界により次々と離農している。

 

農業は手入れの頻度が減ると、天候不順の影響も受けやすくなる。例えば果樹は葉や実を間引きしないと、日照不足がさらに深刻になる。

 

日本の食糧自給率は先進国で最低レベルの38パーセントしかなく、このまま生産者が減ればさらに危うい。世界で食品輸出が目立つ国は、自給率100%を超えるケースも多い。まず足元の生産力を高める工夫が必要だ。

 

出典 日本経済新聞2月12日より一部抜粋

 

農業や食の課題はまだまだ多々あると思います。今後も紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

11日

地球温暖化の影響

地球温暖化の影響を説明すると、どうしても専門的で複雑になってきてしまいます。

 

シンプルに簡潔にイラスト付きで、親子で理解しやすいようにと工夫されている記事がありました。一部記載してみます。

 

地球温暖化の影響

〇ホッキョクグマなど動植物が減る

〇雨が降らず、干ばつが起きる

〇海面が上がり、洪水が増える

〇高温でコメが不作

〇夏が熱くなり熱中症の危険が大きくなる

 

日本経済新聞2月10日より一部抜粋

 

地球温暖化の悪影響は何ですか?と不意に質問を受けることがあります。そこで、上記を分かり易く解説すると、聞いている方も理解しやすいようです。環境エコマジックショーを行う上で、シンプルな言葉で分かりやすく返答する大切さを感じております。今後も研究して行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

10日

新しいエコマジック

来週に、新しいエコマジック、新作を見せる日が近づいてきました。

 

環境省外郭団体である、環境イノベーション情報機構=EICという、団体の会議室にて、環境の専門家・有識者・学識者の前で、新作エコマジックを披露してきます。

 

2年前から、エコマジック動画をweb配信させて頂いており、日本全国の市役所・行政・自治体・教育機関・学校・企業環境部の方々に主に見て頂いております。このホームページでもメニューからエコマジック動画を見ることが出来ます。

 

数点ほど見て頂く予定となっております。大まかにこのテーマを訴えたい。という目的を決めて、そのテーマに沿ったマジック、イメージさせるマジックを演じます。通常ですと、マジク関係者にマジックを見せ合うことはするのですが、このような環境の専門家にマジックを披露するチャンスは滅多にありません。

 

私にとって、非常に重要な機会となります。この様子は来週記載させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

2月

09日

手袋での決済

テクノロジーの発展に関する記事がありました。

 

平昌オリンピックの開幕が近づいてきました。世界各国から訪れる観光客をもてなそうと、現地は万全の準備を整えている。氷点下の寒さの中、手袋をかざすだけで支払いを済ませられるサービスが登場。

 

韓国料理を洋風にアレンジして提供する店もある。こうした多彩なサービスは、2020年の東京大会でも参考になるはずだ。

 

クレジットカードの米ビザが手袋、ステッカー、ピンバッジに内蔵ICチップにお金をチャージしてあり、利用のたびに自動的に引かれていく仕組みを導入している。

 

五輪のおもてなしの裏では、次のキャッシュレス時代を見据えた激しい戦いが繰り広げられている。それは20年の東京大会にも引き継がれ、日本の現金社会を大きく変える可能性がある。

 

出典 日本経済新聞2月8日より一部抜粋

 

この技術のテクノロジーの進化は驚きました。今後の技術の発展が楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、ブログを立ち上げました。

日常生活の事や仕事の事、自分の

ペースで記載していこうと思います。

もし、お時間ございましたら

覗いて見て下さい。

よろしくお願い申し上げます。