最新のブログ記事


歯医者

最近特に、環境エコマジックを仕事に取り込むようになってから、環境と健康に興味関心が高まってきている私ですが、しばらくぶりに歯の定期検診に行ってきました。

 

昔は、歯が痛くなってから歯医者に行くことが多かったのですが、反省して、定期検診に仕事の合間をぬって通うように心掛けております。

 

結果は異状なしとの事。ほっとしましたが、人間の身体は刻一刻と変化していくので、来年、再来年の歯の状態は誰にも分かりません。

 

日頃の歯磨きやブラッシングが重要と歯医者に力説されました。

 

お勧めの歯磨きがあると購入を勧められて入手しました。

 

最近の研究では、歯の健康が非常に重要で、不十分な歯磨きによる、食べかすやバイ菌が、重い病気を引き起こすことが分かってきたとの事。

 

歯周病から、バイ菌が体内に入っていき、肺炎、胃潰瘍、糖尿病、脳・心臓疾患、骨粗しょう症・関節炎・腎炎・皮膚疾患など、あらゆる病気のリスクを高めるそうです。

 

この話を聞いてビックリしました。今後もより一層、歯のケアを心掛けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

省エネ住宅

国土交通省は18日、2020年以降に実施する建物の省エネルギー対策をまとめた。

 

環境性能が高い住宅の供給拡大に向けて、大手事業者に高い省エネ目標の達成を促す制度の対象を、注文住宅や賃貸アパートにも広げる。

 

高効率の発電・熱供給の設備を共有する計画に対しては、容積率の特例を設けて後押しする。

 

通常国会に建築物省エネ法の改正案の提出を目指す。

 

政府は30年度までに13年度比で、温暖化ガスの排出量を26パーセント減らす目標を掲げており、達成に向けた施策の一環となる。

 

出典 日本経済新聞1月19日より一部抜粋

 

住まいそのものから、省エネルギーを実施していく流れは、今後も更に加速していきそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大気汚染 バンコク

タイの首都バンコクで大気汚染が深刻化している。

 

タイ政府は空中の汚染物質を少しでも減らそうと、人工的に雨を降らせる試みを始めるなど対策に追われている。

 

街にはマスク姿の人が急増し、品切れになる店も続出している。

 

バンコクでは、工場などのばい煙や、自動車の排ガスなどが主な発生源となる微小粒子状物質(PM2.5)の濃度が、世界保健機構(WHO)の環境基準を大幅に超える日が続いている。

 

乾期に入り、雨が少なくなったことが影響していると見られる。

 

タイ政府は、飛行機から薬剤をまいて人工的に雨を降らせる作戦を15日から始め、地上からの放水も実施した。

 

出典 朝日新聞1月19日より一部抜粋

 

大気汚染の問題は長期的に見る必要があり、自動車や工場からの排ガス規制など地道な取り組みが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーの危機

食べ物に関する気になる記事がありました。

 

コーヒーについてです。

 

世界のコーヒーの野生種の少なくとも6割が、干ばつや病気などによる絶滅の危機にあると、英キュー王立植物園などの研究チームが17日、米科学誌サイエンス・アドバンシズに発表した。

 

野生種は品種改良に必要で、近い将来、温暖化に耐えうる新種の開発などが出来なくなる可能性もある。

 

将来はおいしいコーヒーにありつけなくなるかもしれない。

 

野生種の7割は、エチオピアなどにある保護地域の限られた場所にもあり、数も制限されている。

 

研究チームは「野生種は病気や害虫、気候変動に対応できる新種の開発に必要だが、それがいま失われようとしている。」

 

出典 朝日新聞1月18日より一部抜粋

 

将来に向けても、安定したコーヒーの供給をのぞみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白いヒグマ

シロクマの記事がありました。

 

日大生物資源学部の研究グループが、北海道南西部・八雲町の演習林に設置した熱感知カメラで、毛の白いヒグマの動画撮影に成功した。

 

2016年9月から18年7月に計6回、姿をとらえた。

 

野生の白いヒグマは、北方領土の国後島や択捉島で確認されているが、北海道で繰り返し撮影されるのは極めて珍しいという。

 

複数の専門家によると、北方領土の白いヒグマは上半身が白く、下半身が灰色である事が多い。

 

川でサケやマスを捕る際、白い身体は魚に見つかりにくく、遺伝の可能性がある。

 

ただ北方領土へは自由に往来できず、詳細な生態は解明できていないという。

 

出典 日本経済新聞1月17日より一部抜粋

 

今後の詳細な研究結果が待たれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠リズム

地球環境・科学・食育・健康をテーマとしたエコマジックを手掛けております。

 

特に最近、健康全般に関する記事も読むようにしております。

 

生活上の理由で睡眠のリズムが狂う「社会的ジェットラグ(時差ボケ)」が問題になっている。

 

睡眠のリズムを整えるのに役立つ事

〇平日・休日の起床時間を変えない

〇睡眠時間を確保するため、起床時刻から逆算して就寝時刻を決める

〇起きたら朝日を浴びて体内時計をリセット

〇バランスの良い食事をし、朝食をきちんと食べる

〇適度な運動をする

〇深酒は避ける

〇仕事や人間関係でストレスはためない

〇昼食後に10~20分昼寝をする

〇夜はゆっくり湯船につかり、リラックスする

出典 明治薬科大学・駒田陽子准教授の研究から

 

全体の出典 日本経済新聞1月16日より一部抜粋

 

上記を全てパーフェクトにこなすのは難しいですが、

意識をしっかり高めたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会人向け エコマジック

先日は、地球と暮らしについて考える「エコマジック」、社会人向けの新年会での営業でした。

 

ステージショーでした。

 

30分程、御時間を頂き、約100名程の前で演じてきました。

 

今回は、上手くスケジュールが合ったので、弟のプロジャグラーの「ミヤム」にもゲスト出演をしてもらうことが出来ました。

 

海外にも行ったりするので、中々、スケジュールが合わず、年に3~4回ほどしかコラボ出来ない状況です。

 

先日は上手く、タイミングが合いました。

 

マジックショーの中で、ジャグラーが入ると良いアクセントになり、全体が引き締まります。

 

御客様も、マジックあり、ジャグリングありと楽しめて頂いた様でした。

 

お越し頂いた皆様、関係者の皆様、御世話になりました(^0^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お正月 企業向けエコマジック

地球と暮らしについて考える「エコマジック」、本日は、都内にて、企業向けイベント案件での営業がございます。

 

お正月シーズンに、大人向けに、エコマジック出演は非常に珍しいです。

 

このブログでも、最近の様々な環境ニュースを掲載させて頂いておりますが、時々、ステージの様子も盛り込んでいこうと思います。

 

詳細は明日記載させて頂きます。

 

行ってきます!

 

 

 

 

 

 

 

風力発電 入札制

経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で2021年以降、安い電力だけを買う「入札制」を風力発電に全面的に導入する方針だ。

 

欧州などに比べ、発電コストが高止まりしているめ、事業者に低コスト化を促し競争力を高める。

 

太陽光でも入札制の範囲を拡大する方針で、再生エネ全体で育成から競争への比重を高める。

 

再生エネでは、太陽光でも入札制の対象が拡大されるなど競争路線が拡大している。

 

現状の再生エネ比率は16%で、このうち風力は0.6%にとどまる。

 

政府は、30年度に、再生エネを22~24%まで比率を高める方針。

 

風力を1.7%にする目標を掲げている。

 

出典 日本経済新聞1月13日より一部抜粋

 

今後に向けて、再生可能エネルギーの比重を高めて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域通貨 デジタル

特定の地域で使われる「地域通貨」が息を吹き返している。

 

近年は廃れたものが多かったが、デジタル化で利便性が再評価されているためだ。

 

地域消費を促すだけでなく、キャッシュレス決済を普及させる効果も発揮している。

 

地域通貨例

〇クリン 2000年~11年 北海道栗山町 自治体・NPO 紙幣

〇LOVES   2002年~07      神奈川県大和市 自治体・NPO カード

〇しまとく通貨 2016年~長崎県離島5市町 自治体・電子商品券

〇さるぼぼコイン2017年~岐阜県高山市、飛騨氏、白川村・金融機関

〇湖山ポイント2018年~茨城県かすみがうら市 自治体・電子地域ポイント

 

出典 日本経済新聞1月12日より一部抜粋

 

今後も日本全国に、この流れは加速していきそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、ブログを立ち上げました。

日常生活の事や仕事の事、自分の

ペースで記載していこうと思います。

もし、お時間ございましたら

覗いて見て下さい。

よろしくお願い申し上げます。

 

ホームへ戻る

 

御問合せフォームはこちら